T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 何かが足りないけど… (キハ58系列 九州旧急行色 その3)

<<   作成日時 : 2014/10/12 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、九州で活躍したキハ58系九州旧急行色の製造を行っています。



前回の作業では、車両の分解とちょっとしたパーツの取り付けを行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)


今回は塗装作業に入ります




画像

(塗装ではここまで)




●塗装は途中まで…

塗装はいつも通りにプライマーを吹いてからGMカラーNo.14 灰色9号を吹き、車体上半分の塗装になるGMカラーNo.21 小田急アイボリー(アイボリーA)を吹きます。
いきなり国鉄色の上からアイボリーを吹いても、なかなか下の色が隠蔽できませんし、アイボリーの発色もよくないと思います。


画像

(真っ白に…)

一般的にはIPAなどを使って塗装を落としてから新たな塗装を行うのですが、当工場では最近は塗装落としを行わないで作業を行っています。
実は、過去に塗装落としでIPAに浸けていたら車体の変形があったためです。

まぁ、見ての通り下地処理をちゃんと行えば発色や塗膜の接着にも問題はありませんので、この辺は製造の際に判断すればいいと思います。


さて、次の作業は……


画像

(比較的楽な作業です…)

上半分をマスキングします。
目安はデカールの説明書に書いてあるとおり、テールライトです。

なお、キハ65形については……


画像

(折り戸ですから〜)

キハ65形は折り戸を採用しています。
そのため、ドア部分は車体側面から沈み込んだ形状となっていますので、マスキングテープではうまくマスキングしきれません。
そこで、ドアの部分のみマスキングゾルでマスキングしています。

そのマスキングゾルが硬化したらいよいよ次の塗装です。
Mrカラー No.19 サンディブラウンを吹きます。


画像

(塗装作業終了)

これで塗装は終了です。
あとはマスキングを剥がすだけ……


画像

(剥がすのは簡単)

マスキングを剥がしたら……


画像

(完成に……見えなくもない……)

塗装作業を終えた車体……
何となくですが、遠目から見れば九州旧急行色が完成しているようにも見えます。

でも、よく見れば細かい帯は見えません(^^ゞ


なので……


次回はデカール貼り作業になります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ようやく正規の塗装へ… (キハ58系列 九州旧急行色 その4)
当工場では、九州管内の急行運用で活躍したキハ58系列九州旧急行色の製造を行っています。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2014/10/13 17:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 何かが足りないけど… (キハ58系列 九州旧急行色 その3) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる