T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログで振り返る今年の一年 (2014年総括・ブログ篇)

<<   作成日時 : 2014/12/21 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2014年もあと10日となりましたね。
毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。
(歳を取ったからか?)


今年一年を振り返ってみるといろいろあると思います。
そして、皆さんいろいろ心に残る記憶があるかと思います。


今回は、日誌(ブログ)に書いた記事の中からアクセス数で何があったか振り返ってみます。
(昨年2013年度の記事はこちら)



それでは!



アクセス数で今年一年何があったか振り返ってみましょう♪



なお、集計は2014年1月1日から本日12月21日16:00の期間でアクセス数の多い順で順位を決定しています。
(なので、年末の記事は不利になるのですが…)

ちなみに、この時点での2014年の総アクセス数(PV)は約120万アクセスでした。
今年も1年間のアクセスが100万を超え、更に昨年の113万アクセスを10万アクセスほど超える見通しです。
これもひとえに、当工場をご覧頂いている皆様のおかげです。
来年も、皆様に読んで頂ける日誌を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします


記事にしている間にアクセス数に多少の違いが出ますがご了承下さい。





第1位 (アクセス数:6590)
 “4ドア車”を新製する気はないのでしょう? (JR大阪環状線 新型車両計画)
  (掲載日時:2014/02/10 17:00)
画像


当工場で、完成品報告以外の記事が1位になるのは2009年のJR東日本信濃川水力発電所の記事以来ですね。
しかも、年間アクセス数で5000を超えたのははじめてですね。
この記事は2013年にJR西日本が2017年までの経営計画をまとめた「JR西日本グループ中期経営計画2017」中に記載されている、大阪環状線の「車輌取替」に関するものです。
この経営計画では2017年度までに大阪環状線の車輌を取り替えるとあります。

これに関連して、2014年2月……大阪環状線で、朝の通勤ラッシュの時間に4ドア(103系と201系)で運転されている列車を試験的に3ドア車で運転して、乗客の動向を調査するプレスリリースが発表されました。

新型車両を検討する際に現状の調査をするのは当たり前ですけど、これではまるで「投入予定の新型車両は3ドア車なのでその影響を事前確認したい」と言っているようなものです♪

まぁ、今後の少子高齢化や景気動向を考えると輸送需要は減少傾向ですから、4ドア車よりも3ドア車を投入し、混雑率などで問題があればダイヤで調整する気だったのでしょう。

結果、2014年12月に大阪環状線に投入される新型車両323系を発表。
予想通り、3ドア車となりました。
2016年度から投入が始まり、森ノ宮の103系と201系は置き換えられる計画です。

しかし、323系のプレスリリースに「大阪環状線の電車として長年親しまれてきたオレンジ色を基調とした先進的な外観」とありますが、先進的な外観なんでしょうか?
225系そのまんまです(^^ゞ
しかも側面デザインがオレンジを戸袋窓に採用していますが、まんま東武50000系なんですよね(^^ゞ
関西に東武50000系はいませんのでいいですけど、イメージ的に阪神1000系と被る気もして……
好意を持って受け入れられるかはどうなんでしょうね?


第2位 (アクセス数:5314)
 中央本線の主力入線! (KATO 313系1100番台・1300番台・1600番台入線)
  (掲載日時:2014/03/01 17:06)
画像


2位以降はいつも通りに完成品の入線報告が並びます。
当工場では東京から西に東海道本線〜山陽本線を基本に運用を広げるように車輌を入線させています。
そうなると、当たり前ですがJR東海の車両も入線します。
そこで、主力の313系を入線させていたのですが、ようやく発売になった中央線向けの313系が入線して報告となっています。

313系はJR東海の主力車両として、JR各社の中でも製造期間が一番長い近郊形電車になると思います。
そのため、入線路線などによってマイナーチェンジがされているため、完成品メーカーとしては格好のターゲットになります。
(逆に差が小さすぎるため、バリエーションを発売しても売れない可能性もありますが…)

この入線によって、当工場の313系は40輌を突破!
JRの近郊形電車では最大勢力になったのは言うまでもありません……


第3位 (アクセス数:4305)
 入線はしたが、未だ改造の予定無し…… (tomix キハ58系きのくにセット入線)
  (掲載日時:2014/03/04 17:00)
画像


これまた当工場らしい記事ですね(^^ゞ
当工場では、車輌の塗り替えやコンバージョンキットを使用した車輌製造を行っています。
これらの作業には改造の“元”となる改造種車が必要です。

これまで、広島やアーバンネットワークの113系や115系を製造する際に改造種車としてtomixの113系や115系を使用していましたが、過去に改造種車が入手できないために製造が延期になったことがあります。
また、それを考慮して山陰線進出計画では大量のtomixキハ47形を購入したもの、予想を上回る製造と新たに九州へ運用を拡大したことから再び改造種車が不足する事態となりました。

そんな中、九州へ運用を拡大したのですが頼みのキハ47形が手に入らない状況で非電化区間の車両を製造する必要があり、ちょうどキハ58系列がこの急行「きのくに」セット共に再生産されることから大量入線となりました。
まぁ、このセットに含まれるキロ28形がユニット窓改造車で、四国や九州にもいたのでいろいろ利用できるメリットもありました。

この購入で一気に20輌以上の車両を確保したのですが、その後九州管内の製造計画を立てたところ、20輌では全然足りないことが発覚!このあと半年掛けて50輌近いキハ58系列が入線することになります……

現時点では20両ちょっとが九州向けに改造され、残りは他の地域向けに改造待ちとなっています。
ただ、最近のtomixは私の計画とかぶるからなぁ……


第4位 (アクセス数:3071)
 増税前最後の入線は当工場では珍しい……?! (tomix EF65 2000 JR貨物更新車入線)
  (掲載日時:2014/03/29 17:32)
画像


当工場では珍しい、機関車入線の報告ですね。
現在、時速100km/h以上で走行する車両には、国土交通省の省令で運転状況記録装置の設置が義務づけされています。
JR貨物の機関車も例外なく取り付けされることになったのですが、EF65形やEF81形は旅客会社も所有しています。
そこで、取り付けに際して差異が発生することから貨物のEF65形は改番されることになりました。

当工場でも入線させることとなり、消費税が8%に上がる直前の購入となったわけです。

ただ、当工場としては貨物牽引の機関車が供給過剰のため、なるべく控えているのですけどね(^^ゞ


第5位 (アクセス数:2589)
 特急列車のその先を目指して… (tomix 近鉄50000系 しまかぜ 入線)
  (掲載日時:2014/11/29 17:00)
画像


つい最近の記事ですね。
ここのところ、鉄道では「クルージングトレイン」がちょっとした流行となっています。
これまで、「速く、大量に、正確に」ばかりを考えてきた鉄道でしたが、生活スタイルの変化などから鉄道に求められるものも変化しつつあります。

その中で、ゆっくりと時間を掛けて列車で移動しながら各地を観光するための車輌として「クルージングトレイン」が誕生しています。
一番有名なのはJR九州の「ななつ星」でしょうか?
ただ、やはり路線網などを考えると「クルージングトレイン」はJRかな?と思われますが、大手私鉄の中でも多くの観光地と路線網を持つところもあります。

それが近畿日本鉄道で、大阪、名古屋という大都市と、京都、奈良、伊勢という歴史的観光地や、熊野や賢島などの観光資源もあります。
そこで、登場したのがこの「しまかぜ」です。
これまでの近鉄の特急車両とは異なり、専用の運用のみに使用される車両で格段にグレードの異なる接客設備が特徴です。

当工場では、これまで近鉄の車両も入線させていたことから今回の入線になっています。
実は、日本旅行などの企画でJR西日本のトワイライトエクスプレスも使って、伊勢〜出雲と歴史的な観光地巡りのツアーにも使用されていたりしています。
そんな、運用もさせてみたい気もしますが……当工場にはトワイライトエクスプレスがいないのですよね(^^ゞ


第6位 (アクセス数:2161)
 ようやく全形式が揃った〜♪ (tomix 300系0番台 後期型 入線)
  (掲載日時:2014/06/22 18:07)
画像


2位の記事に書いていますが、当工場は東海道本線を西に進むように車輌増備を行っています。
もちろん、並行して走る東海道新幹線も運用範囲になっています。
しかしながら、当工場の新幹線の車両増備は2000年代後半からのため、実はこれまで500系以降の車輌増備となっていました。
(西日本向けに0系と100系はいましたが…)

そんな中、300系後期型の発売があったため当工場でも入線させ、「のぞみ」で運用されていた形式全てが揃うこととなりました。

正直、貨物と同様に供給過剰状態で、特に東京〜新大阪の運用ではN700系だけでも3編成あったりと大変混雑しているのですけど、その中で埋もれずがんばって欲しいものです。


第7位 (アクセス数:2054)
 勢いで買ってしまったが… (tomix 113系0番台 冷改車・湘南色・関西仕様 増結セット入線)
  (掲載日時:2014/06/10 17:00)
画像


実は、今でも「なんで買ったんだろう?」と思っているのがこの車両たちです(^^ゞ
セットそのものは関西圏で普通グリーン車が入っていた頃の再現として、113系0番台セットの増結セットとして発売されたものです。
目当てはセットの中のサロ113形1000番台ですが、関東に戻ってきたときには総武・横須賀快速に入ったため、当工場ではそのまま運用に使うことが出来ません。

「とりあえず、今後もあるから買っておけ!」ととっさに購入したのかもしれません……
(ちょうどこの時期はキハ58系列の購入に躍起になっていましたから…)

なので、当面は眠ってもらうことになるでしょう…


第8位 (アクセス数:1948)
 これだけあっても揃わないとは…… (GreenMax 817系3000番台入線)
  (掲載日時:2014/08/31 17:52)
画像


当工場では九州への運用を拡大していますが、現行の主力車両として815系と817系を製造しています。
もちろん、以前までは完成品で模型化されておらず、キッチンのキットから合計8編成16輌を製造しています。
ところが、まさか完成品で製品化されることとなり、当工場でも製造していなかった3000番台だったことから入線させることとなりました。

3000番台は福岡地区の415系の代替の意味合いが強く、811系や813系と同じ3輌編成となっています。
(キットではこの3輌編成の中間車が切り接ぎで製造するため難易度が高く、製造を見送っていました。)

当工場でもKATOの813系が在籍していますので、併結できるようにカプラーの交換を行っています。

しかし、これだけ817系を入線させたのですが、熊本の817系が在籍していないことから全ての配置区の817系が揃わない状態が続いています。
まぁ、熊本は815系を入れていますので充分足りているのですけどね……


第9位 (アクセス数:1940)
 そのまま使っても良し♪ 改造種車にしても良し♪(爆) (GM 113系7700番台 30N更新車)
  (掲載日時:2014/11/01 17:00)
画像


実は、当工場の操業のきっかけはJR西日本の113系リニューアル車の製造なんです。
(キットでの車輌製造のきっかけは103系です)
そのため、一気に113系40N更新車を大量製造しています。
しかし、30N更新車の製造はタイプをtomix旧製品の塗り替えで対応しています。

と言うのも、ドア半自動化の際に取り付けたドアスイッチで戸袋窓が小さくなったことが、加工工程を多くすることになるため、見送る原因となりました。

ところが、またもやGMから予想外の製品化が発表されたことから入線に踏み切っています。
113系7700番台の地域色(宇治抹茶色)と更新色が製品化されましたが、更新色を2編成購入。
場合によっては、広島更新色に塗り替えて115系2000番代にしようかと思っていましたが……製品化が発表されましたね(^^ゞ

この冬、トレジャータウンで113系5700番台のコンバージョンキットが発表されていますので、いよいよ30N更新車も増やしてもいい時期かもしれませんね……
ただ実車は風前の灯火ですが……


第10位 (アクセス数:1540)
 “流れ星”がなくなっても… (tomix EF510形500番台 JR貨物仕様 入線)
  (掲載日時:2014/09/21 17:00)
画像


10位に滑り込んだのはやっぱり完成品の入線報告記事でした。
分割民営化後、機関車の開発を行っているのはJR貨物のみで、他の旅客会社では行われていません。
まぁ、運用が工臨や転配回送程度で、多くあった寝台特急も北海道新幹線開業で風前の灯火です。

それでも、機関車が必要な場合もあり、JR貨物の機関車をベースに製作される場合があります。
今回、入線したのはJR東日本のEF510形500番台です。
元々、EF510形はJR貨物が開発した機関車で、EF81形の代替として日本海縦貫で運用されています。JR東日本では同様にEF81形を所有しており、寝台特急「北斗星」「カシオペア」、また貨物から委託されていた常磐線の貨物運用のため、旅客向けに細部を変更して500番台を15輌製造しました。
しかし、東日本大震災後に東北方面の貨物運用が大きく替わり、常磐線の貨物運用はJR貨物のEH500形に替わることになります。

そのため、運用減で余剰となった500番台の一部がJR貨物に売却され、日本海縦貫線で運用されています。
塗装も、JR東日本時代と大きな変更は無く、大きな変更点と言えば車体側面に大きく書かれた流れ星が消えたことでしょうか?

将来的には、0番台と同じ「レッドサンダー」になるのかもしれませんが、当工場ではバリエーションとして入線させています。
(意外とEF210形300番台と塗装が近いので、区別のため残るかもしれませんが…)





あと11位から20位まではタイトルのみの紹介となります




第11位 (アクセス数:1484)
 好きな行き先を選んで… (美軌模型 L’xルクス その1)
  (掲載日時:2014/03/02 18:08)


第12位 (アクセス数:1475)
 ラッシュには不向きだけど、冷房さえあれば… (12系客車1000番台 最終回)
  (掲載日時:2014/04/28 17:55)


第13位 (アクセス数:1444)
 増税前に“複数化”! (tomix 287系こうのとり 動力複数化)
  (掲載日時:2014/03/21 17:26)


第14位 (アクセス数:1414)
 ようやく山陰本線全線走破できます! (キハ41形豊岡 最終回)
  (掲載日時:2014/01/07 20:22)


第15位 (アクセス数:1329)
 当工場での客車旅客運用再開決定!! ローカルだけど… (12系客車1000番台 その1)
  (掲載日時:2014/03/11 17:00)


第16位 (アクセス数:1320)
 新線建設の必需品完成♪ (オヤ31形 最終回)
  (掲載日時:2014/03/06 17:00)


第17位 (アクセス数:1308)
 今回も目をつむるか… (12系客車1000番台 その3)
  (掲載日時:2014/03/15 17:19)


第18位 (アクセス数:1264)
 新規購入計画〜♪ (2014年3月)
  (掲載日時:2014/03/09 17:26)


第19位 (アクセス数:1247)
 どんな運用をしていたのだろう? (12系客車1000番台 その2)
  (掲載日時:2014/03/13 17:00)


第20位 (アクセス数:1225)
 同じ顔だから行き先だけでも… (美軌模型 L’xルクス その2)
  (掲載日時:2014/03/08 18:06)


次点 第21位 (アクセス数:1201)
 新規購入計画〜♪ (2014年1月 その2)
  (掲載日時:2014/01/15 17:00)



以上が2014年のブログアクセスで見た一年です



当工場の傾向ですが、完成品の入線報告記事が上位を占めるのは毎年同じ傾向ですね。
1位を除けば、完成品報告ではない記事は11位の美軌模型ルクスまで遡ります。
当工場では実はここのところ入線両数が減少傾向にあり、完成品も同様に減っているはずです。
ですが、上位は変わらないのですね。

まぁ、当工場で製造している車両も最近の車輌よりは1990年代前半の車輌が多くなっていますので、学生さんの世代には既に馴染みのない車輛ばかりになっているのも製造記事が低迷する要因なのかもしれませんね。
逆を言えば、現在のJRの在籍車両は番台区分されても大きな変化もなく、転配による改造も少なく、バリエーションも少ない。結果、最近の車輌製造はないのですよね。

ただ、今年の上位20以内を見ると健闘しているのは近郊化改造の12系客車1000番台でしょうか?
オハ12形は帯を消すだけ、緩急車は乗務員扉の増設が必須ですが、比較的容易な改造で済みます。
その一方で、東北地方で活躍した2000番台も考えると山陰や北陸でも活躍してそれなりの両数が改造されたにもかかわらず、完成品が製品化されていないことも注目されたのでしょうか?
(マイク●エースですら製品化していませんので…)

昨年は815系や817系を製造していたにもかかわらず注目されなかったですから、何が違うのでしょうね?

もしかするとキハ41形もランクインしていますので、やはり当工場は西日本中心のブログに見えるのでしょうね…(^^ゞ


さて、来年ですが日報についてはこれまで通り、特に変わることもないでしょうからこの傾向も変わらないでしょう。
当工場としては、車輌製造を中心に記事を書いていきたいと思いますので、来年もよろしくお願いします。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・ブログ篇)
今日は天皇誕生日ですね。 2015年もあと1週間ちょっとです。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も臨時休業の連発でしたから…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/12/23 17:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度楽しみに見ております♪
もう2014も終わりですけど来年も楽しみに待っております!
僕自身関西在住なのでJR西日本の車両を多く製造してられるので参考になります。来年も消防団の方も工場の方も頑張ってください。ここ数日冷え込んでるのでお体の方もむりをなさらぬよう
弟くん
2014/12/21 21:42
こんばんは あいづライナーや北越もなくなって風前の灯の485系と同様なセルフ車掌です。(何が!!)2014年は完成品新車を大量導入したのにもかかわらず、運用の場をあまり作れず申し訳ありません。来年こそは、導入車両の運用状態が技報に多く掲載されるようにご協力したいと思います。
323系ですけど、225系というよりはもう少し丸みを帯びた227系に近い形でしょうかね。私は西日本なりによく考えられた力の入った新車で結構だと思います。また、模型メーカとしては227系と323系で金型の流用(うまくいけば521系3次車も)も可能なのでうはうはでしょうか?
現実には、新しいデザインの車体を採用すると、鋼体荷重試験などコストがかかるので、最近の各社の流れとしては、一度設計されたデザイン(規格)を流用するのが主流となっていますね。731系/733系は96年 E231系/E233系は01年、313系は99年以来車体の基本設計はほぼ同じですかね。逆に西日本はあまりそれをしてこなかったイメージがあるので、今後はこのデザインの車両があちこち走ることになるのでしょうか? 105系置き換え用に大和路色とか紀勢ブルーとは福塩カラーとか113系/115系置き換え用に宇治抹茶カラーとか岡山マスカットカラーとかを期待しています。(どこに?) あ、その前にまずお布施か…
セルフ車掌
2014/12/22 23:58
to 弟くんさん
コメントありがとうございます。
いつも読んで頂きありがとうございます。
模型作成の参考になればと思います。

弟くんさんもよい年をお迎え下さい。
当工場は今週いっぱいは操業の予定です。
知佳@工場長
2014/12/23 16:49
to セルフ車掌さん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

それなら、私の方は681けいや683系のように転属に怯える毎日ですね(?)

まぁ、最近の車輌は製造メーカーの影響も強くなっていますので、デザインが近くなるのは避けられないのでしょうけどね。
(顔は違うけど、それ以外はそっくりの形式ばかりですからね。)

ちなみに、車体がアルミやステンレスになって、フィルム貼り付けが主流ですが、あれもカラーフィルムをそのまま使うか印刷するかで費用が大きく変わりますので、やはり単色になるんでしょうね。
(武蔵野線や関空快速などはフィルムでもそこそこコストがかかっているような気がします店)
知佳@工場長
2014/12/23 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • ブログで振り返る今年の一年 (2014年総括・ブログ篇) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる