T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱組みは一気に… (123系 下関 その28)

<<   作成日時 : 2015/01/11 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今年最初の3連休ですね。
今日が成人式の自治体が多いのではないでしょうか?
首都圏は昨日とうって変わって風も無く、いい天気ですね。
こういうときに塗装作業が出来れば最高なんですが……


さて、当工場では今や下関にしかいない123系を製造しています。
(元々、10輌ちょっとしかいない少数形式ですけどね)



前回の作業では、正面の作成を行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)


今回は箱組みを行います




画像

(一気に車輌になりました)



■一気にやらないと…

さて、箱組みですが組み立て前にこれをしておいた方がいいでしょう。


画像

画像

(基本一発勝負!)

どちらの方にどの正面が付くのか……
パンタグラフはどちら形に付くのか……

ナンバーリングしておいた方がいいでしょう。

組み立て説明書や実車写真を元に書きましょう。
(これやっても間違えるときもあるし…)

間違えて接着すると、直しが利きませんから……


あとは箱組みですね。
GMの板キットと要領は全く同じです。


画像

画像

画像

(一気に箱へ…)

瞬間接着剤で接着させますので、一気に作業が進みます。
このように箱組みできましたが、強度的にかなり弱い状況です。

プラキットのように弾性がないため、簡単に車体側面が変形します。
変形すると基本的に元に戻せませんので、即座に屋根を取り付けます。



画像

画像

(キット付属です)

キットに付属の屋根パーツです。
GM123系キットのものですね。
これを取り付けます。


画像

画像

(やっぱり足りない…)

先行して製造した5と6もそうでしたが、やはり屋根の長さが足りません。
前回はパテ埋めして塞いだのですが……


画像

画像

(同じもので詰めちゃえ!)

予備で購入していた屋根パーツがありましたので、幅に合わせて切断して埋めることにしました。
これは、この前のキットと違い正面にホワイトメタルのパーツを使っているため、裏から手が入らないためです。


画像

(箱組み完了)

ここまで来れば強度が確保できますので安心できます。

最後に溶きパテで隙間を埋めて今回の作業は完了です。


画像

(そして硬化待ち…)


次回はペーパーがけになります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
固まるまで待たないと… (123系 下関 その29)
当工場では、元々は可部線用だった下関の123系を製造しています。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/01/12 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 箱組みは一気に… (123系 下関 その28) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる