T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく東海色に… (123系 静岡 その21)

<<   作成日時 : 2015/05/06 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、東海道本線が運用範囲なので当然JR東海の路線の大半が運用範囲になるのにもかかわらず、東海色は実は少数派という中、静岡の123系を製造しています。
(211系を含めればまとまった数がいますが、それ以外では119系3輌とキハ11形1輌の4輌しかいません。)


前回の作業では、東海色の湘南帯を貼り始めていますが、先行して正面の貼り付けを行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)


今回は車体側面も貼り付けましょう



画像

(ようやく東海色へ…)



■真っ直ぐ貼るのも大変…

作業を再開しましょう。

既に正面の帯は貼り終えていますので、あとはその帯に合わせるように車体側面に帯を貼るだけ………なんですが………


画像

(まだ硬いから楽だったが…)

見ての通り、正面の時と同じように少し長めにデカールを切断。
(乗務員扉の上に端部が来るようにするのがいいかな?)

あとは地道に真っ直ぐになるように調整していきます。
ただ、デカールは水が飛んでしまうと接着してしまうので、調整中は頻繁に水を供給します。

ちなみに、この5145の場合は窓のサッシが並んでいますのでそれを基準にすれば比較的楽に進められるでしょうね。
位置が決まれば、乗務員扉と客用扉以外の帯にデカール軟化剤を塗って下地に固着させます。


さて、この状態ではおかしいですよね?
乗務員扉と客用扉の上に帯が掛かっています。
これを取り除く必要があります。

ほかの部分のデカール軟化剤が揮発して接着が完了したころを見計らって……


画像

(手早くカット)

カッターでデカールをカットして取り除きます。
写真の通り、待つ間に次の車両のデカールを貼りつつ順番に行っていけば、比較手効率よく進められると思います。


画像

(ちょっとやっかい…)

600番台はちょっと作業に精度が要求されます。
客用扉が3つに増えることと、ワンマン表示の部分を切除する必要があるからです。

そして、地道に作業を進め……


画像

(ようやく東海色へ…)

帯デカールの貼り付けが完了しました。
ようやく、これで東海色になりましたね。
(今回は予想以上に作業に時間が掛かっていますからね)


あと次の作業に入るには充分な乾燥が必要です。
なので、ここで作業は終了です。


次回は車番などの貼り付けに入ります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
車番も確定! (123系 静岡 その22)
今思うと、「なぜ40番台なんだろう?」と思いながら、静岡の123系を製造しています。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/05/07 17:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • ようやく東海色に… (123系 静岡 その21) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる