T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 真っ黄色に♪ (キハ125形 大分 その7)

<<   作成日時 : 2015/06/20 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西日本の地域色も、九州のようにちょっとでもポイントがあれば格好良く見えるのになぁ……と思いながら、大分のキハ125形を製造しています。
(まぁ、アレはアレで西日本らしいのですが…)


前回の作業で、車体表面の錆び取りを行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)


今回は車体の塗装を行います




画像

(鮮やかな黄色に〜)




■再利用を試みたけど……
今回のキハ125形の製造では、鉄コレの島原鉄道キハ2550形を使用しています。
出来るだけ、種車の部品を活用しようと試みたのですが……


画像

(サイズが合わず…)

AU26Aクーラーとバス用通風器は他社パーツを使用することにしました。
特にクーラーは流用したかったのですが、キットの取り付け寸法がGMのパーツに合わせてあるため取り付け穴を塞ぐ必要があったからです。

バス用通風器も取り付けの際に加工が必要になることから、トレジャータウン製のパーツに切り替えます。
(まぁ、パーツに余裕があったからですが…)

それでは、塗装に入りましょう。



■チェックは必要?
まずはプライマーを吹いて、チェックを兼ねてライトグレーを吹きます。

そうしたら……


画像

画像

(チェックすべき…)

見ての通り、正面パーツに隙間が見つかりました。
瞬間接着剤で再接着して、ペーパーをかけてプライマーからやり直しです。

再度ライトグレーを吹いて問題ないことを確認したら、いよいよ車体色の塗装です。
車体色は、先日製造したキハ40形日南色と同じ、ミスターカラーNo.4 イエローを使います。


画像

(真っ黄色に)

キハ40形と異なり、屋根から全て黄色に塗ります。
なので、マスキングが不要です。(楽チンです♪)


そして、そのほかのパーツも塗装します。


画像

(こちらも真っ黄色♪)

クーラーの他、バス用通風器やJR防護無線アンテナ、信号炎管などの屋根上機器やスカートを真っ黄色にします。


画像

(こちらも使うかも?)

ヘッドライトケースや窓廻りのパーツですが、塗装や種車のパーツを流用する可能性があり使わないかもしれませんけど一応塗装しておきます。


これで、作業は終了です。


次回は色差し作業に入ります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 真っ黄色に♪ (キハ125形 大分 その7) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる