T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 解体が進んでいます… (JR常磐線 利根川橋りょう) 1506

<<   作成日時 : 2015/06/14 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

JR常磐線 天王台〜取手には利根川にかかる利根川橋りょうがあります。


これまで使用されていた橋りょうは完成から50年以上経過し、老朽化が進んだことと、調査の結果大地震で倒壊するおそれがあることが分かったものの耐震補強工事が出来ないことが判明。
そのためJRは2009年から架け替え工事を行ってきました。
(その途中で大震災が発生しています)


工事は順調に進み、2013年12月に上り線が、2014年11月に下り線が新しい橋りょうに切り替わりました。
現在は上下線で新しい橋りょうでの運用が行われています。


そして、2015年1月から橋りょうの撤去工事がスタート。
現在工事が本格化しています。
(2015年2月の報告記事はこちら)


画像

(クレーンが見えます)

茨城県取手市側から見てみました。
手前には工事事務所が出来上がっていますね。
工事が本格化しています。

そして、先を見るとトラス橋の部分にクレーが数本立っていますね。
どうなっているのか様子を見に行きましょう。


画像

(架線もなく…)

下から覗いてみました。
既に架線や信号線は撤去されていて、列車が走ることはありません。


画像

(ここまでが限界)

橋りょうの下は撤去作業のため立ち入りが出来ませんので、取手側からはここまでが限界です。
更にズームしてみると……


画像

(既に跡形もなく…)

よく見ると落下防止ネットの上にはトラス橋の姿はありません。

別の角度から見ましょう。


画像

画像

(かなり進んでいます)

よく見ると、トラス橋の2スパン分が既に撤去されています。
どうやら、架設のデッキガーター橋をトラス橋の中に組んで、その上にクレーを設置。
解体してクレーンでおろしているようですね。

そして、その奥の千葉県側のデッキガーター橋はほぼ撤去されています。

かなりのスピードで撤去が進んでいるのですね……


まぁ、大地震で倒壊するおそれがある橋りょうですので、地震で倒壊して隣の新しい橋りょうに影響しては本末転倒ですし、橋脚は洪水の際には水流の妨げにもなりますから速やかに撤去が必要なのでしょう。


この橋りょうを見ると、ゴォォォォ……と言う轟音と共にやって来る電車を見るのが楽しかったことを思い出します。
そんな姿もあとわずかなようです……







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 解体が進んでいます… (JR常磐線 利根川橋りょう) 1506 T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる