T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 再検討でうまくいった♪ (キハ125形 大分 その13)

<<   作成日時 : 2015/07/19 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

当工場では、JR九州のキハ125形を製造しています。


前回の作業で、足回りの作業が完了。
(前回の作業報告記事はこちら)


次回は完成報告………


だったのですがッ!!


再度足回り(カプラー)の検討を行うことにしました……




画像

(ついでに動力化も出来ました♪)




■やっぱり無理……(^^ゞ

前回の作業では、鉄コレの足回り(TT−03R)を使い、カプラーは0374(JC6353)を使いました。

しかし……


画像

(やっぱり曲がらない…)

当初、「ちょっとあたるくらいか?」と思っていましたが、後々確認すると車輪がカプラーに当たって台車が首を振りません……

これでは、キハ47形との併結どころか線路の上を走ることが出来ません(T.T)


そこで、カプラーを再度検討することにしました。
検討の結果……


画像

(これはどうだろう?)

検討することにしたのは、JC6360。
樽見鉄道ハイモ用カプラーです。

前回のパーツ購入でこのカプラーを購入していたのはこのためだったのです♪
(前回のパーツ購入報告記事はこちら)


画像

(カバーがない!)

左は今回検討のJC6360で、右が一般的なJC6353です。
カプラー後方のカバーがなく、スプリングが丸見えです。
これであれば、車輪は当たらないと思うのですが……

さっそく試してみます。


画像

画像

(これでバッチリ)

思った通り、カバーが無い分台車が首を振ります。
これなら問題ないでしょう♪

これで気分をよくしたので、更に検討を続けます。



■ついでに動力ユニットも…

更にハードルが高いのが動力ユニット(TM−23)へのカプラー取り付けです。


画像

(これでも無理!)

動力台車の機構上、トレーラでうまくいったJC6360でもそのまま取り付けることすら出来ません。
(カプラーの基部が動力台車のギヤにかかります)

そこで思い切って……


画像

画像

(バッサリカット!!)

分解して、カプラー基部の後方部分をバッサリカットしました。
もちろん、カプラーのスプリングを固定できなくなりますので、復元機能は喪失します。
なので、カプラーからスプリングも外します。

これを組み直します。


画像

(かなりのスペースを確保!)

左が加工前のJC6360で、右は加工後……
後方部分がなくなったので、カバーが簡単に外れるようになってしまいました。
一応、瞬間接着剤で外れないようにしましたが、実際には車体に取り付けてしまえば外れることはないでしょう。

さて、いよいよ動力ユニットへ取り付けてみます。


画像

(これなら大丈夫!)

試しに取り付けてみました。
台車を左右に振っても、カプラーに当たりません。

どうやらOKのようです。


画像

画像

(首振りは戻りません)

カプラーにスカートを取り付けて、カプラーを動力ユニットに取り付けました。
台車が左右に自由に振ります。

ただ、先程も書いたようにスプリングを外していますので、カプラーは自己復元しないで首を振ったままになります(^^ゞ

それでも、取り付けられたのは大成功だと思います。



以上で今回の作業は終了です!



画像

(予想以上の収穫)

今回、カプラーの再検討を行いましたが、やはりいろいろ調査は必要ですが、「実物を当てて確かめる」が最終的には必要ですね。

特に、仕様外の事を行う訳ですから、順調に全て事が進むことはありません(^^ゞ
そういう時には多少のリスク(費用?)を背負ってでも試してみるのが良いかもしれませんね。


さて、1回予定よりも遅れましたが……



次回こそキハ125形の完成報告となります







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ようやく“補充”が完了か? (キハ125形 大分 最終回)
当工場では東海道本線を西に下るように車両増備を行ってきましたが、関門海峡を越えて九州管内の在来線の増備をはじめたのはつい最近の2012年のことです。 それまで、九州管内での運用を想定していなかったことから、九州色を製造するためのキハ40系列……とりわけキハ47形が不足。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/07/20 17:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、空気バネと申します
いつもブログを拝見させていただいています
今回の記事の鉄コレ動力へのTNカプラーの取り付けはとても参考になりました
私もゆりてつラッピング車のへのカプラーの取り付けの参考にさせていただきます
何とかして出来ないものかと考えていたので助かりました、ありがとうございます
E231-500
2015/07/19 21:02
すみません、ニックネームの所を別の名前にしていました
訂正します
空気バネ
2015/07/19 21:06
to 空気バネさん
コメントありがとうございます。

走行確認は行っていませんが、とりあえず支障が無いと判断して記事にしてみました。
今後、当工場でもレンタルレイアウトで試運転を行ってみたいと思います。

まぁ、記事にも書いていますが多少の失敗は気にせず試してみるのも良いかと思います。
何より、「どうすればうまくいくのか?」「これならOK?」みたいに試行錯誤するのが模型作成の醍醐味(?)だと思います。
ちなみに、このような検討には「パーツカタログ」は必携です!!
知佳@工場長
2015/07/21 00:41
返事有り難う御座います
自分で色々と試してみたりするのも模型作りの醍醐味ですよね
私もマイクロエースの105系30N更新工事施工車でカプラーをTN化してみたり、
動力を集中クーラーのクモハから分散クーラーのクモハへ移す際にすんなりいかなかったので、
爪を削ってボディの固定には両面テープで固定したりと色々としてみました
そのお陰でその105系は愛着のある物になりました
今はGMの115系2000番台30N体質改善車更新色(品番4646)の動力を今度出る新動力に更新すべく計画中です
(115系の記事は読ませて頂きました、そしてその記事からこのブログを知りました)
こういうのは楽しいですよね
パーツカタログはもちろん持ってます
特にカプラーとパンタグラフを選ぶ際に必須ですよね
長くなりましたが、今後も参考にさせていただきます
宜しくお願いします
空気バネ
2015/07/21 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 再検討でうまくいった♪ (キハ125形 大分 その13) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる