T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装前にお風呂へ… (113系 幕張 その41)

<<   作成日時 : 2015/11/21 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、幕張の113系を製造しています。



前回の作業でパーツの取り付けがほぼ終了。
塗装準備が整っています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は塗装前の清掃を行います




画像

(これをしないと酷い目に…)




■効果はバッチリ!!

塗装に入るのですが、まず最初に表面の清掃が必要になります。
表面に付いた皮脂やホコリを取り除くのはもちろん、真鍮製キットであれば表面の酸化膜(サビ)も取り除く必要があります。
この酸化膜(サビ)を取り除かないと、塗装後に塗膜が剥離して痛い目に遭うことがあります。
(当工場でも何度酷い目に遭ったことか…)

そこで、塗装前に錆び取りを行います。


画像

(ビンの液体がミソ!)

用意するのは錆び取り剤と、車体の洗浄作業に使う容器(タッパ)と歯ブラシです。
錆び取り剤は、当工場では鈴木油脂工業の「中性サビカット」を使用しています。
よく「サンポール」が使われていますが、強酸性の液体で取り扱いに注意が必要です。
しかし、「中性サビカット」は中性の液体で安全性が高く、酸によるプラスチックへの影響もないですからこちらを使っています。


画像

(効果はどれくらい?)

錆び取り剤を容器(タッパ)に移しました。
無色透明の液体です。

ちなみに効果の方ですが……


画像

(浸けただけで…)

10円硬貨の半分を10秒ほど液体に浸してみました。
そうすると、銅の地がみるみる出てきます。
昭和38年(1963年)の硬貨も新品のようになります。

じゃ、車体の方も清掃を始めましょう。


画像

(浸すだけ)

車体を液体に浸すだけです。
錆び取りの効果を高めるため、歯ブラシで表面をこすります。


画像

(一目瞭然!)

上が錆び取り前で、下が錆び取り後です。
一目瞭然ですね。

作業が終了したら、水で洗浄した乾燥させて作業は終了です。


画像

(あとは塗装だ!)

洗浄が終わったら、基本的に手を触れることは出来ません。
なぜなら、再び皮脂が付いてしまいますし、そこからサビも発生します。

プライマーと下塗りが終わるまでは触れることは出来ません。


次回から本格的に塗装作業に入ります







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キリのいいところで… (113系 幕張 その42)
当工場では横須賀線色の幕張の113系を製造しています。 (幕張なら横須賀線色しかいないだろ…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/11/26 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 塗装前にお風呂へ… (113系 幕張 その41) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる