T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 最初にパンタ廻りを… (113系 幕張 その94)

<<   作成日時 : 2016/04/07 17:00   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

確か、シングルアームパンタグラフにした車両はいなかったと思いながら、幕張の113系を製造しています。
(一時いた211系の増設のパンタグラフが、確か201系のお下がりだった気がします。)



前回の作業では中間車のペーパーがけを行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回からAU712冷改車の配管作業を行います



画像

(同じ形式だけど)




■時期によって大きく変わるのが面白い♪

作業に入りますが、まずどの配管作業から入りましょうか……
大きく分けて、パンタ廻りの配管とSIV関連の配管に分かれます。
まずはパンタグラフ廻りの配管から始めましょう。


画像

(引き続き登場)

使うのは富士川車両工業製の配管治具ステッカーです。
先頭車に引き続きですね。


画像

画像

(あとは開けるだけ)

ステッカーを貼ったら、穴を開けるだけです。
ただ、これだけの数を開けるので、かなり目が疲れますし、手が疲れます。
その影響なのか、今回はドリル刃を結構折ってしまいましたね。
(一部は金属製の車体側面の接合部がかかるのもありますが…)

あとはステッカーを剥がします。


画像

(開け忘れがないか確認)

穴開けを終わりました。
なお、屋根の長細い穴は、避雷器を取り付けるための物です。


それでは配管作業に入るのですが、先に取り付けておきたい物があります。


画像

(ちょうど避けるので)

妻面には電動機冷却用ダクトを取り付けます。
これは、ちょうど配管がこのダクトを避けるように通るので、その目安にするためです。

そして、避雷器の配管を取り付けます。
こちらは、キット付属のパーツを使っています。


それでは、本格的に配管作業を行いましょう。


画像

画像

(妻面が先)

妻面に割ピンを使って配管を立ち上がらせたら、一気に折り曲げて割ピンで固定していきます。


画像

(一発勝負!)

配管の金属線は真鍮や白洋で出来ていますので、一度曲げると元に戻りません。
一発勝負ですね。

これで、パンタグラフ廻りの配管作業は終了です。


画像

(差が出ます)

左はシートピッチ拡大車のパンタグラフ廻りの配管です。
実は今回製造の6輌は全て1000番台なんですから、本当は全て右のようにする必要があります。

しかし、作業の省力化のため、加工を見送っているのです。



次回は引き続き妻面のパーツ取り付けを行っていきます







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これで電動車に… (113系 幕張 その95)
当工場では、一大勢力だったのが今や絶滅危惧種になっている、幕張の113系を製造しています。 (113系が絶滅危惧種という意味であって、既に幕張からは姿を消しています。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/04/09 17:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
(゜∇゜)

すっ、凄い!!

”配線治具ステッカー“ってあったんですね

(゜o゜)

作業しやすくなってお助けアイテムですね

(^.^)V


って、こうゆうのがあるのは♪やりたい方♪向けに製品化されたかと思いますが

なんだか‥‥やってみたくなるアイテムでもありますね

(^.^;
NORINKO
2016/04/09 22:02
to 〜NORINKO〜さん
コメントありがとうございます。

配管治具ステッカーについては、富士川車輌工業さんで取り扱っていますが、国鉄形式の場合には車両によって違いもある場合があって、ステッカーを参考にいろいろ変えて見るのもいいかもしれません。
ステッカーと金属線と割ピンがあれば出来る作業ですので、比較的手が出やすい作業だと思います。
知佳@工場長
2016/04/12 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 最初にパンタ廻りを… (113系 幕張 その94) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる