T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は自己満足ではないかも?? (KATO スポーク車輪交換 つづき)

<<   作成日時 : 2016/05/19 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

完成品の鉄道模型を自分のところに入線(購入)させたら、皆さんはどうしていますか?

まぁ、完成品ですのでそのまま必要なパーツの取り付けやインレタの貼り付けで充分かもしれません。




でも………



それで満足できますか?


出来るだけ実車に近づけるため、いろいろなパーツやステッカー、インレタを購入して、いろいろアップグレードを行っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
(レンタルレイアウトで注目されたいためという人もいるかもしれませんが……)




先日、当工場ではKATOから発売されているスポーク車輪を購入。

当工場に唯一在籍する旧型国電のクモハ84形に装備させてみました。
(先日の車輪交換作業の報告記事はこちら)

しかし、DT13形と呼ばれる旧型台車で、しかも動力台車の場合には車輪そのものが見えにくく、ある意味自己満足の世界で終了してしまいました(^^ゞ
(トレーラーなら、車輪が透けるので目立ったのかもしれませんが…)




今回は懲りることなく、前回に引き続き車輪の交換作業を行うことにしました。




画像

(一目で分かります)





■上方が空いていたり、動力も無いし……

上でも書いているとおり、先日KATOのスポーク車輪を入手し、当工場のクモハ84形に装備させたのですが、車輪の交換によるディティールアップの効果が現れませんでした。
(現実にはほとんど差が無い状況だった?)


その後、当工場で検討した結果、原因として以下のことが考えられました。


・台車の構造が複雑で、車輪がよく見えないこと
・動力台車で反対側に透けていないこと



クモハ84形が装備していたDT13形台車は、旧型客車でも採用が多いTR23形台車と同じ「ペンシルバニア形」と呼ばれる台車でした。
車輪の軸箱の直上にバネを配置して、台車の側枠からの重量を支える方式で、軸箱の支持は「軸箱式」と呼ばれる、軸箱の左右に上下動に稼働できる装置になっていました。
そのため、車輪正面には軸箱支持装置があり、車輪の大半が隠れてしまいました。

更に、車両が動力車でギアボックスが台車内に入っていました。
そのため、本来スポーク車輪は反対側がスポーク間から見えるはずなんですが、ギアボックスで遮られるために透けることがなく、通常の車輪とあまり差が出ない状況だったことが判りました。



そこで、前回の問題点を考えた上で、再度スポーク車輪の装備を行ってみました。



画像


ROUNDHOUSE
28−193 スポーク車輪
28−193 スポーク車輪(車軸短)



ラウンドハウス(ホビーセンター カトー ブランド)のスポーク車輪です。
集電板を装備していない、貨車など向けの車輪です。


画像

(8本足です)

左が通常の車輪で、右が今回用意したスポーク車輪です。
スポークは8本です。



さて、このスポーク車輪をどの様な車両に装備させようか当工場では考えました。

そこで、最初に選んだのは……


画像


タキ9900形です。

タキ9900形は、1962年から1966年にかけて546両が製造された35トン積みのガソリン専用車です。
50トン積みのタキ50000形が採用した、F5sタイプの異径胴タンク体が特徴です。
当工場では2012年にKATO製の車両を5輌入線させています。
(当工場のタキ9900形入線報告記事はこちら)


画像

(戦後の標準でした)

履いている台車は、TR41形と呼ばれる台車です。
見ての通り、貨車なので台車の構造は非常にシンプルで、軸箱は台車枠に直接接合されています。
そのため、車輪がほぼ丸見えの状態です。


画像

(上ががら空き)

タキ9900形は、車体の軽量化のために、それまであった台枠を省略。
タンク体そのもので、荷重を支持する「フレームレス構造」を採用しています。

そのため、タンク体寄りの車輪は車両上方から見ても丸見えです。



これなら交換したらよく見えるだろう!!

さっそく、台車の車輪を交換してみます。


画像

画像

(よく分かります)

車輪の1個だけ交換してみました。
車軸の周辺がガラガラですので、交換したのがよく分かります。
ちなみに、タキ9900形は車軸短を用います。

それでは、車両に戻しましょう。


画像

画像

(これなら誰でも判る!)

タンク体側の車輪をスポーク車輪にしてみました。
反対側が透けるのでよく分かります。


画像

(上から丸見え)

タンク体寄りの車輪はフレームレス構造の車両ですので、車体上部から丸見えです。
なので、車輪がよく見えるのでスポーク車輪への交換の効果がよく分かります。



ちなみになのですが、貨車の場合には工場で検査の際に、検査済みの車輪に交換していましたので、このようにスポーク車輪が混ざっていたりしていました。
なので、車輪全てを交換しないでランダムに交換すると、実車に近いかもしれません。

もちろん、新製当初の再現でスポーク車輪を再現するなら別ですが……



さて、これに気をよくした当工場では、他の貨車へも装備してみました。



画像

画像

(他社対応も可能です)

タキ35000形です。
35トン積みのガソリンタンク車で、各社各様のこれまでのタンク車を、共通設計とした初の「標準タンク車」です。
1966年から1973年までに1108両が製造され、43トン積みのタキ43000形が登場するまで一大勢力となった貨車です。

当工場では、河合商会製のタキ35000形が在籍しています。
もちろん、他社製品にも車輪を装備することが出来ます。
(適合確認と責任は自己になりますが…)

私が貨車のスポーク車輪を想像するのは、たぶんこのタキ35000形だと思います。
常磐線のジェット燃料輸送だと思うのですけどね……


画像

画像

(タンク体が浮いています)

タキ3900形30トン積み石炭酸専用車です。
ちなみに、石炭酸とはフェノールのことです。

1954年から1969年までの間に65両が製造されました。
当工場では、完成品ではなく、2008年に新貨車工房のキットから製造しています。
(タキ3900形完成報告記事はこちら)

台車はキット付属のメタルパーツ製で、シンプルな構造ですからスポークから透けてよく分かります。



そして、最後に……


画像

画像

(四角いタンク車)

タキ6400形35トン積みアルミナ専用車です。
1959年から1969年にかけて75両製造されています。
製造期間が長い上に、メーカーにより設計が異なることから、外観が大きく分かれています。
手前の車両は四角いし、奥の車両は丸い桶型をしていますし……

当工場でも、2008年にタキ10500形を合わせた13両を製造しています。
(完成報告記事はこちら)


画像

(12両もタキ6400形を製造しました)


画像

画像

画像

画像

(これでも判ります)

真四角の台枠であるタキ6400形ですが、これでもスポーク車輪だと言うことが分かりますね。





当工場では、今回はTR41形列の台車を履く、私有貨車でスポーク車輪を使ってみました。

このほか、考えられるのは、2軸貨車やTR23形台車を履く旧型客車でしょうか?
やはり、当初採用したクモハ84形は、動力車だったことが一番の失敗だったかもしれません。


ただ、実際にどの様な車両に似合うのか、交換したときに効果があるのかは、実際に事前検討を行い、実際に取り付けてみる必要があると思います。



このように、いろいろ考えたり、想像したりしながら作業を行うのも、鉄道模型の楽しみ方のひとつなのかもしれませんね……
(うまくいかなかったとしても、それはそれで勉強代と思えば良いのだし…)







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログで振り返る今年の一年 (2016年総括・ブログ篇)
2016年もあと1週間を切ってしまいました。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も現在、日報の報告ですら遅延している状態です。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/25 17:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 今度は自己満足ではないかも?? (KATO スポーク車輪交換 つづき) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる