T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS まずは側梁から (チキ80000 その3)

<<   作成日時 : 2016/06/07 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

おそらく、2009年に製造したタキ3900形以来、実に7年ぶりの貨車の製造となったチキ80000形です。
(ちなみに、2009年3月の完成した、タキ3900形の完成報告記事はこちら)



前回の報告では、キットを購入して6年間ほったらかしでしたので、もう一度内容の確認を行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回から車体の製造に取りかかります




画像

(ただの折曲げにしか見えない)




■1輌だけ異なります

まずは確認です。


画像

(この1枚だけ)

車体はこの大きなエッチング板に収録されています。
しかも半分はコンテナのパーツです。


まずは側梁から作成しましょう。


画像

(折り曲げるか、切り取るか…)

側梁の下につながっている台形の物は標記板です。
一度切り離して貼り重ねるか、折り曲げて貼り付けてから余りを削るか考えました。


画像

(曲げました)

結局、折り曲げてから余りを削ることにしました。
(組み立て説明書の通り)
どのみち、いろいろ貼り合わせをした後に、ルーターで調整するからです。


画像

画像

(2種類作れます)

このキットでは、試作車のタキ80000・タキ80001と、タキ80002以降の量産車の作り分けが出来ます。
そこで、1輌を試作車としました。
下の写真の左二つが試作車です。


次に車体本体を作成します。


画像

(ただ折る曲げるだけ)

台車支持のパーツを切り出してから、車体側面を折り曲げます。


画像

(確認のためです)

次に台車支持のパーツを取り付けます。
台車によって位置を変える必要があるそうなんですが、今回はスケール通りに位置にしています。

ちなみに、赤い○は目印です。
あとで貼り付ける側梁の向きを揃えるためです。


画像

(向きの確認ヨシ!)

側梁の向きを確認して固定します。
更に1輌は試作車ですので、別に作成します。


画像

(ブレブレでごめんなさい)

これで車体側面に側梁が取り付けられました。
ぶれているので判りにくいと思いますが、一番右の車両が試作車です。



次回は車体端部の作成を行います







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あっという間に車体完成 (チキ80000 その4)
「消石灰」と「生石灰」で性質が全く異なるのを思い出しながら、チキ80000形の製造を行っています。 (生石灰は人体に有害な物質です) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/06/09 17:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • まずは側梁から (チキ80000 その3) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる