T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS あっという間に車体完成 (チキ80000 その4)

<<   作成日時 : 2016/06/09 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

「消石灰」と「生石灰」で性質が全く異なるのを思い出しながら、チキ80000形の製造を行っています。
(生石灰は人体に有害な物質です)



前回の作業で、車体側面まで組み立てを行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は車両端部の作成を行います




画像

(さくさくっと完成しました)



■やっぱりコキなんですね

車体側面の手すりパーツを作ります。


画像

(斜めに曲がるので注意)

車体に取り付けるための支持部分を折り曲げます。
その際に、斜めにおり曲がることが多いので、調整しながら貼り合わせます。


画像

(ボディマウントにします)

取り付け準備が出来た車体端部です。
デッキ側には手ブレーキのパーツも付けておきます。

そして、この組み立てキットは、カプラーを「種車そのままで台車に付いたまま」か「ボディマウント」の2種類が選択出来ます。
組み立て説明書では、ボディマウントはKATOカプラかケーディーカプラとありますが、当工場では貨車はアーノルドカプラとしています。
7年前に製造したタキ3900形の製造経験から、ボディマウントでアーノルドカプラとします。


それでは、車体側面を取り付けます。


画像

画像

(ハンドルも付けます)

デッキ側は、取り付け後にステップを折り曲げたのちに、手ブレーキのハンドルを取り付けます。
ハンドルの取り付けがきついときには、穴をさらっておけばいいと思います。


画像

(どれが試作車?)

これで、車体の方は完成しました。
基本的に車体はコキと同じですので、構造が簡単なんですよね。

ちなみに、実車は床板が貼られていたことと、模型では特殊容器(コンテナとも言う)を積載した状態で作成するので、ブレーキシリンダや配管を取り付けることはありません。
(なので、作業が楽なんですよね)



次回からは特殊容器の作製に入ります







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
雲の切れ目を狙って…… (チキ80000 その5)
梅雨になると、なぜか週末に雨が降るような気がしながら、チキ80000形の製造を行っています。 (梅雨の時期はいつもそう思ってしまいます) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/06/11 17:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • あっという間に車体完成 (チキ80000 その4) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる