T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 関門対応車ではありませんっ!! (tomix EF510形500番代 JR貨物仕様・銀色入線)

<<   作成日時 : 2016/12/24 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

当工場では、旅客運用のほかに貨物運用も行っています。

貨物運用の場合、旅客と異なり、特に運用区間を設けていません。
と言うのも、現在の貨物運用は専用貨車による運用から、コンテナ輸送が主体となっており、機関車を用意すれば全国どこでも運用が可能だからです。

今回、日本海縦貫用に機関車を増備しました。


画像


tomix
9170 JR EF510500形電気機関車 (JR貨物仕様・銀色)



■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




JR貨物のEF510形電気機関車です。
2002年から量産が開始され、日本海縦貫の貨物運用に就いています。

また、2009年からはJR東日本でも15輌が製造され、寝台特急「北斗星」・「カシオペア」および、JR常磐線水戸以南の貨物運用に就いていました。
JR東日本向けの車両は500番台に区分され、旅客用の装備(保安装置など)や黒磯通過のための列車識別装置などを搭載していました。

しかし、2013年にJR常磐線の貨物列車牽引の受託が終了。
一部の500番代が余剰となり、JR貨物に売却され、富山に転属となります。
更に2105年に寝台特急「北斗星」の運用が終了し、2輌を除いて売却されます。

残った2輌は509と510で、この2輌は寝台特急「カシオペア」に合わせた塗装の「カシオペア色」でした。

ただ、この2輌も2016年の改正で、寝台特急「カシオペア」の定期運転が終了したことにより、JR貨物に売却されています。


今回、当工場に入線した車両は、この元「カシオペア色」のEF510形になります。



それでは、内容を見ていきましょう。



■パッケージ
画像


特に何もありませんね。
普通のプラケースです。


■付属品
画像


ユーザー取り付けパーツは、これまでのEF510形(0番代除く)と同じです。
車番は509と510、なぜか514と515が設定されています。


■車両

まず、購入時はこのような状態です。


画像

(まるで無塗装?)

ユーザー取り付けパーツを取り付ける前の状態です。
車番がないのもありますが、何か気になりませんか?


画像

(色がない!)

屋根上機器を見ても、単色です。
問題なのが、屋上配線とパンタグラフです。
無味乾燥なグレー一色です。

KATOが碍子パーツの塗装と、金属パーツによる配線表現をしていますので、余計に目立ちます。
そこで、色差しを行いましょう。


画像

画像

(これで変わるか?)

色差しについては、2014年に入線したEF510形500番代(JR貨物仕様)と同じにしました。
(EF510形500番代JR貨物仕様の色差し作業報告記事はこちら)


それでは、パーツを元に戻します。


画像

(だいぶイメージが変わります)

パーツに色が入ったことで、かなりイメージが変わったと思います。
この車両の場合、車体も屋根も同じ色なので、特に屋根上機器は目立ちます。

そういう意味では、完成品のレベルとしてはKATOに軍配なのでしょうね。
(どのみち、色差し作業を行う当工場では、あまり気にならないことなんですけどね。)



では、改めて……



画像


EF510形500番代です。
上で書いているとおり、元々はJR東日本が新製した機関車ですが、余剰となりJR貨物に全車が売却されました。
15輌のうち、509と510が「カシオペア色」で、この2輌も2016年の寝台特急「カシオペア」の定期運用終了に伴い売却されてます。


画像

(元旅客用です)

寝台特急「北斗星」「カシオペア」を牽引していたので、JR貨物が新製した0番台と異なり、ヘッドマーク取り付け用の台座が残っています。
なお、当工場では車番を510に設定しています。


画像

(関門トンネル対応車ではありません!!)

車体側面はシルバー一色です。
元々、「カシオペア色」は車体側面に5色の帯と流れ星があったのですが、売却の際に全て消されています。
そのため、車体はシルバー一色になっています。

元「北斗星色」の方は、裾に金色の帯が残っていますので、その差が大きく出ていますね。
しかし、これだと関門トンネル対応のEF81形300番代を連想してしまいますが、関門トンネルを通ったことはありません。


画像

(唯一残りました)

JR貨物に売却される際には、上でも書いているとおり、流れ星などの塗装が消されたほか、「EAST JAPAN RAILWAY COMPANY」のロゴが消されています。
唯一残っているのは、運転台下のJRマークくらいでしょうか?

なお、保安装置もJR東日本の時にはATS−PとATS−Psでしたが、JR貨物売却後はATS−PFとATS−SF、ATS−Psに変更されています。


画像

(塩害対策バッチリ)

屋根上には、パンタグラフのほか、配線が通っているだけです。
EF81形などと同様に、日本海の塩害対策のためです。


画像

(これも名残…)

運転台の上にJR防護無線アンテナがありますが、よく見ると屋上配線の横にもアンテナがあります。
JR東日本ではデジタル方式の無線を搭載していたため、アンテナが2基(合計4基)搭載されています。



以上が今回入線したEF510形500番代(JR貨物仕様・銀色)です


画像

(これで3輌体制)

当工場では、2005年にJR貨物の0番代が初めて入線。
その後、2014年に元「北斗星色」の500番代が入線しています。
(EF510形500番代JR貨物仕様 入線報告記事はこちら)

そして、今回の入線でEF510形は3輌体制になりました。
実車の方も、全車が富山に配属となり、日本海縦貫貨物に従事しています。
更に、運用範囲も広がり、百済貨物ターミナルや岡山貨物ターミナルまで足を広げています。

とは言え、当工場では2両でも供給過剰状態だったのにもかかわらず、更に1輌の追加を行っていますので、どの様に運用するかがポイントとなります。
幸いにも、当工場にはEF81形が在籍していないので、日本海縦貫運用にこの3両であたってもらいたいと思います。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・車両動向篇)
当工場では毎年、この1年掲載した記事から1年を振り返っています。 先日は当工場の日報のアクセス数で今年を振り返っています。 (先日の2016年総括・ブログ篇はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/28 02:56
年始めの新規購入計画〜♪ (2017年年始♪)
あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします{%ブロっくまありがとうdeka%} ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2017/01/01 00:22
今年も広島から (tomix 227系 基本セットB 入線)
あけましておめでとうございます。 本年2017年もよろしくお願いします。{%ブロっくまありがとうdeka%} ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2017/01/02 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 関門対応車ではありませんっ!! (tomix EF510形500番代 JR貨物仕様・銀色入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる