T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 経歴が複雑で…… (113系福知山 その27)

<<   作成日時 : 2017/01/08 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ほかにも一杯、113系や115系の切妻がいたのにもかかわらず、なぜこの車両だけあのような奇抜な格好になったのか?と思いながら、福知山の113系3800番代を製造しています。
(車歴を考慮して、更新工事を伴わなかったからとはいうものの……)



前回の作業では、車体側面の作製に取りかかっています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は更に作業を進めます



画像

(確認の上…)




■MGは載せているのか?

まず、前回作業を行った、車体側面を確認します。


画像

画像

(未だ未設置)

よく見ると、乗務員の取り付けが終わっていません。
今回は、この部分に塗り分けもありませんので、扉と手すりを取り付けてしまいます。


画像

(何か穴が残ってる?)

扉と手すりを取り付けましたが、何か穴が残っていますね。
クモハ112形には、車体側面に穴が残っています。

乗務員扉後方の戸袋窓の上の穴は、主電動機の冷却気取り込み用のルーバーです。
更に、クモハ112形の中央の扉付近には、戸袋窓の上に穴があります。
こちらはMG用の冷却気取り込み用のルーバーです。

この、MG用のルーバーですが、編成によってあったりなかったり、位置が前後異なっていたりします。
800番代時代に冷房装置の設置が進むのですが、車両によって113系で一般的な160kVAのMGを搭載した車両や、国鉄末期に廃車となった食堂車などから調達した70kVAのMGだったり、はたまたSIVだったりいろいろなんです。
そこを注意しながら、取り付けます。


画像

(取り付け完了)

車体側面ルーバーの取り付けが完了しました。


以上で車体側面の作製はひとまず終了です。


画像

(正面待ち)

車体側面の準備が整いました。
通常なら、改造種車の準備に入り、車体接合の作業に取りかかるのですが、今回は異なります。



次回はクモハ113形の正面の作業に入ります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ただの“板”ではないらしい… (113系福知山 その28)
正面の保護板は、動物(鹿)よけのため黄色く塗られているらしいのですが、実は人間に対してものではないかと思いながら、福知山の113系3800番代を製造しています。 (奈良の103系正面にある黄色帯は、事故防止のためと言われていますけどね。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2017/01/09 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 経歴が複雑で…… (113系福知山 その27) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる