T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元では見かけないけど… (tomix タキ1000 日本石油輸送・テールライト付入線)

<<   作成日時 : 2017/04/05 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、貨物の運用も行っており、300輌を超す貨車が在籍しています。

そのうち100輌ほどは、現在の主力であるコンテナ車です。
それに次ぐ勢力がガソリン輸送のタンク車です。
地元を走る常磐線でも、2001年まで航空自衛隊百里基地へのジェット燃料輸送で、ガソリンタンク車での貨物列車があったので馴染みがあるせいか、ガソリンタンク車の増備を行っています。
(時々、タキ50000形が入っていたりして、面白かったのですけどね。)
当初は、国鉄時代の私有貨車である、タキ43000形やタキ35000形、タキ9900形などがメインでしたが、最近ではタキ1000形が主力となっていることから、当工場でもKATOタキ1000形の大量増備を2007年に行っており、40輌を超す勢力となっています。
それだけの両数が在籍していますので、その後の増備は無かったのですが、久しぶりにタキ1000形の増備を行いました。


画像



tomix
8710 私有貨車 タキ1000形 (日本石油輸送・テールライト付)



■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




私有貨車のタキ1000形(二代目)です。
1993年から製造されており、現在ではガソリン輸送の主力になっています。
上でも書いているとおり、当工場では2007年にKATO製のタキ1000形を大量入線させており、その後の増備は行っていません。
(2007年のタキ1000形入線報告記事はこちら)

今回、tomixが後発でタキ1000形の製品化を発表しましたが、当工場ではKATO製のタキ1000形を大量に在籍していることから、購入計画からは外れていました。
しかし、コキ同様にテールライト付の車両が設定されたことから、1輌を試験的に導入しました。

それでは、内容を見ていきましょう。



■パッケージ
画像


パッケージは普通のプラケースです。
ある意味、貨車では豪華ですね。
(通常は紙ケースですので)


■付属品
結構あります。


画像

(お約束の装備)

赤いのは反射板です。
(テールライト付きの車両に必要なんでしょうか?)
それと、小さいのはダミーカプラーです。


画像

(雰囲気が出ます)

台車のカプラーを外して、このダミーカプラーを台枠にはめ込みます。
最後尾にはこの方が良いのかもしれませんが、運用の自由度が下がりますので、専用のTNカプラーを取り付ける人の方が多いと思います。


画像

(後期ロットです)

車番インレタが付属します。
800代の後期ロットですね。



■車両

●タキ1000−853
画像


タキ1000形は、タキ43000形同様に鯨腹形のF3タイプのタンク体とフレームレス構造を組み合わせたタンク車です。
外見はタキ43000形にそっくりですが、荷重が43トンから45トンに増大しています。
(そのため軸重16トンを許容する運転区間制限貨車です。)


画像

(北海道です)

日本石油輸送の所有ですので、タキ243666以降と同じグリーンとグレーのツートン塗装になっています。
標記類の印刷も綺麗ですね。

常備駅は本輪西駅です。
本輪西駅は室蘭本線の東室蘭駅の隣の駅です。

JR貨物の貨物駅でもあり、JX日鉱日石エネルギー(現:JXエネルギー)の精油所から道内へのガソリンや石油の輸送が行われていました。
しかし、2014年に道内のガソリン輸送が終了したため、現在本輪西駅での貨物の取り扱いは廃止されています。


画像

画像

(精巧です)

タンク体にぶら下がるブレーキ関係の装置も精巧ですね。


さて、一番の注目は先行するKATO製品との比較でしょうね。
並べてみましょう。
(一応、マイクロエースも製品化していたらしいのですが、当工場では所有していませんので除外します。)


画像

(左:KATO製 右:tomix製)

左は2007年に入線したKATO製のタキ1000形です。
(もう10年選手なんだ…)

タンク体の緑ですが、KATOの方が若干黄色みが強いようです。
(経年による変色かもしれませんが…)


画像

画像

(甲乙付けがたい)

KATOの方は、強度確保のためかブレーキシリンダの支持枠などで抜きになっていませんが、tomixではしっかりと抜いて表現していますね。
なお、床下のブレーキ関係の機器の形が異なりますが、KATOの場合は初期ロットの車両がベースで、tomixが393以降の後期ロットをベースにしているためです。


画像

(別パーツで再現)

これまで、日本石油輸送のこのツートン塗装の場合、タキ1000形に限らず、タキ43000形でも模型では再現されていないところがありました。

ハシゴの塗り分けです。
KATOですら、タンク体上部のステップと一体成形のため、ハシゴ全てがグリーン一色でした。

今回、tomixではタンク体の塗り分け部分でハシゴを別パーツ化。
そのため、実車同様のハシゴの塗り分けが再現されています。
じつは、タンク体に秘密があるのですが……



さて、そろそろ本題のテールライトを見ていきましょう。


画像

画像

(綺麗に点灯します)

テールライトは、手ブレーキがあるデッキに装備されています。


画像

(後方に延びています)

テールライトのレンズですが、後方から斜め下に降りるようになっています。
コキ106形と同じ構造ですね。
(コキ106形グレー・テールライト付の入線報告記事はこちら)

それではライトユニットはどこにあるのでしょうか?


画像

画像

(タンク体内部にあった!)

別パーツになっているデッキ部分を外すと、タンク体へ延びるテールライトレンズのパーツがあります。
タンク体の内部にライトユニットがあるようです。

タンク体の塗り分け部分で上下に分かれているようなんですが、無理にこじ開けようとするとタンク体が傷つく恐れがありますので、今回はこれ以上の分解を諦めています。


そして、もひとつ注目なのが台車の集電装置です。


画像

(バネは車体に)

これまでのtomixの集電装置は、台車からバネが車体に延びるように装着されていました。
今回は、車体側にバネを配置して台車の集電板で受け止める方式を採用しています。
こうすることで、台車と車体の間から見えていたバネを隠すことが出来るようになりました。

ただ、今後この方式が主流になっていくかは、判りません。


画像

(片台車集電ではありません)

タキ1000形の場合、タンク体にライトユニットがありますから、コキとは異なり両方の台車から集電を行っています。
そのため、ライトのチラツキは少なそうです。




以上が今回入線したタキ1000形(日本石油輸送・テールライト付)です




これは、タキ1000形に限らず、コキにも言えることなんですが、基本的に本州では貨物列車の最後尾には、赤い再帰性反射の丸い反射板を取り付けて運転されます。
バッテリー式のテールライトを装着するのは、北海道方面への列車に限定されます。
そのため、タキ1000形でテールライトを取り付けて運転されていたのは、北海道や東北の一部に限られるでしょう。
(なので、模型も本輪西駅常備になっているのでしょう。)

その辺を考慮しつつ、今後の車両運用に入ってもらおうかと思います。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2017年4月 その2)
4月の中盤に入り、春と言うよりも初夏の感じがする日も出てきましたね。 例年、3月後半に地元にやって来るつばめが、4月に入ってからやって来たので、ちょっと寒いのかな?と思っていたのですが、急に春がやって来たようです。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2017/04/16 01:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 地元では見かけないけど… (tomix タキ1000 日本石油輸送・テールライト付入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる