T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ引っ張ります♪ (tomix DE10形1000番代 JR貨物更新車B 入線)

<<   作成日時 : 2017/11/03 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、東海道本線〜山陽本線〜鹿児島本線を軸に車輌製造を行っていますが、早期に運用区間を拡大するため、電車の入線を優先。
気動車や客車の入線は先延ばしにされました。

そのため、気動車は2010年の山陰本線向けのキハ47形から入線が始まり、客車に至っては12系近郊形改造車が2014年にようやく入線しました。
その影響で、もう一つ入線が遅れているのが“機関車”です。

機関車は、当初から貨物牽引用に増備が行われてきましたが、電車の運用区間に並行して機関車も入線させる傾向があり、電気機関車を優先に入線させていました。
そのため、旅客用を含めて、ディーゼル機関車の入線は遅れていました。



そこで……



今回はディーゼル機関車の入線を行いました



画像


tomix
2239 JR DE101000形 ディーゼル機関車 (JR貨物更新車B)


■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)


国鉄DE10機関車です。
国鉄は、本格的な入れ換え用ディーゼル機関車として、1958年からDD13形機関車を製造しました。
しかし、DD13形の搭載するDMF31Sでは、旅客列車の牽引にはまだ不十分で、軸重も14tとローカル線に入線できない問題がありました。
その後、幹線用のDD51形が完成したことを受けて、新たに開発されたのがこのDE10形機関車です。

エンジンはDD51形で採用されたDML61Z系のエンジンを1基搭載し、動軸を5輪にすることで軸重を13tに納めて、ローカル線での運用も可能としています。

1968年から製造が始まりますが、その汎用性の高さから、さまざまな派生形も開発・製造され、国鉄の分割民営化の際にはJR7社全てに引き継がれました。

今回入線の車両は、JR貨物に引き継がれた車両で、民営化後に車両の更新工事を受けた車両です。

それでは、車両を見ていきましょう。


■パッケージ
画像


普通のプラケースです。


■付属品
ユーザー取り付けのパーツが一杯あります。


画像

画像

(いつもの通り)

車番とメーカーズプレートは選択式です。


画像

(かなり緩いです)

JR防護無線アンテナと、ホイッスルです。
運転室の車番とメーカーズプレートもそうですが、ホイッスルも取り付けがかなり緩いです。
慎重に接着剤を用います。

JR防護無線アンテナはJA14を使い、ピンバイスで屋根に穴を開けて取り付けます。


画像

(コンテナなら…)

牽引力を増すための補助ウェイトがあります。
平坦線で、10料亭のコキを牽引するなら、要らないと思います。


■車両

●DE10 1165
画像


DE10形1165は、1972年に製造され、現在はJR貨物の愛知機関区に配置されています。
いろいろ調べてみると、1976年にお召し列車牽引機関車の予備機になったことがあるようです。
分割民営化直後はJR貨物に所属し、2005年に更新工事を受けて現在の姿になっています。


画像

(大きなエンジン)

エンジンは上でも書いているとおり、DD51形と同じ系列のDML61ZA(1250PS)を1基搭載しています。
(1000番台以降はDML61ZB:1350PS)
基本構成は、DD13形やDD51形と同じく、運転室を中心に前後にエンジンなどの機器を搭載する方式を採用していますが、エンジンが大型のエンジン1基搭載のため、運転室が片側に寄った形態になっています。
この機械室が長い方に、エンジンやラジエーター、変速機などが載っています。


画像

(CではなくA・A・Aです)

前方にラジエーターがあり、上部にはファンがあります。
下を見ると、車輪が見えます。
DT141台車で3軸の動輪があり、一見するとEF62形のように3軸の台車に見えますが、各動軸が独立し連接構造となっています。
そのため、機関車の軸配置標記が“AAA”となる訳です。


画像

画像

(コンパクトです)

運転台は、幹線向けのDD51形に比べて、コンパクトにまとめられています。
これは、入れ換え作業やローカール線での運用を考慮したためです。


画像

(今でも動くのか?)

短い機関室には、ローカール線の旧型客車牽引の際に必要となる、SG(蒸気発生器)を搭載していました。
しかし、JR貨物では客車を牽引することはないので、今も搭載しているのでしょうか?
(それ以前に、蒸気暖房の客車がJRに在籍していませんけどね…)



以上が今回入線したDE10形1000番代(JR貨物更新車B)ですが……



画像

(今後も考えて)

今回、計画外に2輌のDE10形を入線させています。


画像

tomix
2222 JR DE101000形 ディーゼル機関車


■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)


更新されていない、一般形のDE10形です。
2輌を入線させています。


画像

(どちらも西日本)

設定した車番は、1029と1035。
1029は2011年に廃車になるまで、ずっと北陸で活躍していました。
また、1035は現在も富山にいる機関車です。

これらの入線には、理由があります。



旅客列車の牽引のためです


非電化路線用に、DD51形を2輌入線させていますが、DD51形は幹線向け機関車です。
ローカル線の運用にはどうしても必要になります。

しかし、なぜ2輌なのでしょう?

当工場の購入計画では、JR西日本の14系客車「ムーンライト九州」を入線させる計画です。
メーカーでは、関西圏から九州に向かう設定ですので、当然DE10形の出番はありません。

でも、当工場では別の運用で入線を計画しています。
「シュプール」です。

大糸線の入線には、このDE10形のプッシュプルで行ってました。
そのため必要だったのです。

そこで、今回DE10形の入線があるので、せっかくですので同時に入線してもらうことにしました。


これまで、当工場では客車による旅客運用がなかったので、今後も機関車の導入が増えていきそうですね。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2017年11月 その2)
11月に入り、日中と夜間での温度差が激しくなってきました。 なので、何か羽織ろうかとも思うのですが、ラッシュの車内は未だ冷房が必要な状況です。 終着駅では、E231系(通勤形)が1/4開閉をして暖房を入れているのですが、数駅走ると暖房から冷房へ早変わり…… 体調管理も気をつけなければいけませんね。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2017/11/15 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • まだまだ引っ張ります♪ (tomix DE10形1000番代 JR貨物更新車B 入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる