T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装前の“寒中水泳”? (423系大分 その38)

<<   作成日時 : 2018/01/20 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

今のところ、国鉄色の製造を考えてないなぁ……と思いながら、大分の423系を製造しています。
(塗装変更時の混色も面白いのですけどね。)



前回の作業では、冷房に必要な吸気ルーバーの取り付けを行い、塗装前の作業が完了しています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は塗装前の洗浄作業を行います



画像

(寒い中、入ってもらいます!)




■外せない作業です!

塗装前の洗浄作業は、必要な作業です。
当たり前ですけど、作業した車体には自分の手の皮脂がたっぷり付いています。
そして、プラスチックモデルなら、型枠から外しやすくするための離型剤が付いていることもあります。

これらは、油であったり、シリコーン樹脂だったり、塗料をはじく恐れがあります。
そこで、塗装前には洗浄を行う必要があるのです。
(模型の作製ガイドには必ず書いてあると思います。)

更に、当工場のような真鍮製のキットを作成すると、もう一つ重要な洗浄の理由があります。

表面の酸化皮膜です。

金属の表面には、酸化皮膜が出来ています。
この皮膜を除去しておかないと、塗装後に塗膜が酸化皮膜ごと剥離することがあります。

当工場でも、操業当初にはこの酸化皮膜による塗装剥離のトラブルに悩まされていました。

そこで、当工場では中性の工業用錆び取り剤を購入。
塗装前の洗浄作業に使っています。

ちなみに、ネットなどでは近所の薬局やホームセンターで容易に入手できる“サンポール”がよく紹介されています。
酸により、酸化皮膜を化学的に除去できるのですが、中身は10%塩酸水溶液です。
取り扱いには注意を要します。
なので、当工場では中性の錆び取り剤を使用しているのです。


それでは、作業に入りましょう。


画像

(いつもの錆び取りセット)

当工場の錆び取りセットです。
右のポリビンに錆び取り剤が入っています。
これをタッパに開けて、その中に車両を投入。
歯ブラシで車体をこすりながら表面の酸化皮膜を除去します。

左の漏斗は、使い終わった錆び取り剤を元の容器に戻すために使います。
(何度も再利用できるのです)


さて、タッパに錆び取り剤を出して見ましょう。


画像

(そろそろ限度か?)

開けてみると、ちょっと緑がかっています。
何度も使っているので、色が付いてきています。
実は、ポリビンの底に酸化金属がたまっていましたので、もしかしたら限界が来ているのかもしれません。

そこで、硬化が残っているか試してみましょう。


画像

(硬貨で試す)

見ての通り、10円硬貨です。
これを錆び取り剤に入れて効果を試します。


画像

(効果が薄い?)

屋外保管のため、液温は10℃を下回っていますが、通常硬貨を入れれば数秒で効果が現れます。
しかし、今回は10秒経ってもこの状態……
効果が大分薄れたようです。

これでは作業できませんので、新しい錆び取り剤に交換しましょう。
そこに、もう一度硬貨を入れて、歯ブラシでこすりながら30秒ほどすると……


画像

(“地”が見えます)

右が錆び取り後の10円硬貨です。
銅の地が見えます。
これなら、問題ありませんね。

それでは、車両の錆び取りを行います。


画像

(先頭車から)

このように、車両を錆び取り剤に浸します。
そして、表面を歯ブラシでこすりながらサビを取ります。


画像

(差が出ます)

上が、錆び取り作業後のモハ423がで、下が作業前のモハ422形です。
表面の色や光沢が変わっています。
表面の酸化皮膜が除去できました。

あとは、中性洗剤で洗浄して乾燥させます。



画像

(乾燥中〜)

乾燥しなければ、次の塗装作業に入れませんのでここで作業は終了です。
(表面が乾いていても、内部が乾燥していないときもあります。)



次回は塗装作業の前半戦に入ります






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
とりあえず真っ青に (423系大分 その39)
直流近郊形電車には、いろいろな塗装がありましたが、交直両用車にはあまりなかったと思いながら、大分の423系を製造しています。 (九州はこの九州色だけだし、常磐線も常磐線色しかありませんし、西日本は最終的には地域色だし…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2018/01/21 18:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 塗装前の“寒中水泳”? (423系大分 その38) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる