本来不要な改造です(^^ゞ (209-500 千ケヨ その6)

転属する予定の京葉線209系500番台を作製しています。


前回からモハ2ユニット4輌の改造を開始しています。
今回は、本来京浜東北線からの改造であれば必要のない改造を行います。
(前回のモハ改造開始記事はこちら)



画像

(パーツ交換をした屋根)





●パンタグラフの交換

当工場では改造にあたって、tomixの209系500番台(総武線)を種車としています。
そのため、浦和車両センターの209系500番台と異なる部分があります。

それは……

画像

画像


パンタグラフがPS28Bなんですっ!!


209系やE217系ではおなじみのパンタグラフではありますが、モハ209-519以降はシングルアームパンタグラフのPS33Aが装備されています。
従って、パンタグラフを交換する必要があります。
(もちろん、tomixの209系500番台京浜東北線やKATOの209系500番台総武線では必要ない作業です。)

さて、交換するパンタグラフは……

画像

画像

(tomix 0240 PS33Bパンタグラフ)

説明書にも書いてあるPS33Bパンタグラフです。

PS33BはE231系で使用しているパンタグラフです。実際の209系500番台はPS33Aを装備していますが、外観上ほとんど変わりがないので問題ないでしょう。

じゃ、パンタグラフを交換します。

画像

画像

(シングルアームパンタグラフに替えた屋根)

これで、浦和にいる209系500番台と同じパンタグラフになりました♪
ちなみに、取り付けるときにはパンタグラフの向きに注意しましょう。
逆に取り付けるとE231系になります(^^ゞ


以上で、今回の作業は終了です。

次回はIPAのプールから車体を引き上げて塗装落としを完了させましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

odision
2008年09月03日 10:41
総武線の209系と231系、確かにパンタの向きが違っていました。さすが工場長!ぬかりはないですねぇ。
2008年09月04日 00:50
to odisionさん
そうなんですよ~♪
E231系と209系はパンタグラフの向きが逆なんです。
例外としては209系950番台(現:E231系900番台)あったのですが…(^^ゞ

この辺はちゃんとやらないと笑われますからね~

この記事へのトラックバック