T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 一時的な対応のはずですが… (出張所“試運転線”拡張)

<<   作成日時 : 2018/05/06 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

ご注意!
当工場は長期休業中です。
日報(記事)は不定期更新です。



当工場が、関西に出張所を開設して工場が長期休業になっていますが、長期休業と共に友人との運転会も実施がかなり難しくなっています。
(GWも戻らないため、GWの開催は絶望的です。)

そんな状況の中、出張所で入線車両の整備および点検と、工場長の鉄分補給のため、tomixのマイプランを導入しました。




しかし、それだけでは飽き足らず、更に拡張をすることにしました!!




画像

(複線すれ違いも出来ます♪)



■入線整備点検や鉄分補給ならここまで要らないのに…

上でも書いているとおり、出張所での車両入線整備に伴う点検と、工場長の“鉄分補給”のため、tomixのマイプランを先日導入しています。
(前回のtomixマイプラン導入報告記事はこちら)


画像

(これで充分なはず)

マイプランNR−PCは、PC枕木の線路を組み合わせて、エンドレスの環状線と待避線のセットとなっています。
この線路やパワーパックの導入により、入線整備時の試運転が実施出来るようになりました。



そのため、当工場ではこの設備を“試運転線”とすることにしました。
(実際にこの呼称をしたのは、導入を聞いた友人なんですけどね。)



さて、この試運転線ですが、出張所の性格上、原則入線整備の車両が一時的に在籍するだけですので、これだけあれば充分なはずでした。

でも、そこで満足出来ないのが工場長の私です(^^ゞ
そのため、更に線路の拡充を図ります。


画像

(購入しちゃいました!!)

新たにレールセットとパワーパック、その他線路などの周辺パーツの購入を図りました。



購入したのは以下の通り

 91028 複線化すれ違いセット(D)
 91095 カーブポイントセットU(E)
 2147 電動ポイントN−PX208(F)
 5517 PU−N−DU101−CL
  その他線路やケーブルなど……


複線化のためのセットは、当初は両渡りポイントがセットされた複線化セットを検討していました。
しかし、複線化セットが市場在庫無しのため、すれ違いセットと両渡りポイントを導入しました。
また、カーブポイントセットは、一般的にはカーブポイントを利用した省スペースな待避線を作るセットですが、当工場では別な考えで導入してみました。


まずは複線化してみましょう。


画像

(複線化出来ましたが)

複線化しました。
両渡りポイントで、内回り線と外回り線を行き来することが出来ます。

パワーパックも追加しましたので、両渡りポイントを使って内外の乗り入れが出来ます。
しかし、ここで問題が発生します。

このDU101は、ワンハンドル式のパワーパックです。
P位置にすることで、実車と同じように電圧が上がり加速していきます。
ほかのパワーパックのように、自分で電圧をコントロールする訳ではありません。

そして、両渡りポイントは、ほかのポイントが開通方向に電流を流す“選択式”を採用しているのとは異なり、ギャップ(絶縁)固定式を採用しています。

従って、両渡りポイントを使って内外廻り線を跨ぐ場合、双方の電圧をパワーパックで合わせることが非常に難しくなっています。
かといって、一つのパワーパックを使って、内外線両方に電流を流せば、両渡りポイントを渡るのは問題は解消するものの、本来の複線化によるすれ違い運転は出来なくなります。

そこで考えたのが……


画像

(もう一つ設ければ…)

カーブポイントセットのカーブポイントを使って、内外線にもう一つ渡りポイントを設置します。
こちらは、選択式のポイントですので渡り設定にすれば、内外線同時に片側のパワーパックの電流を流すことが出来ます。
その代わり、ポイントやフィーダーの位置では、二つのパワーパックが競合したり、片側のパワーパックが両渡り出来ない場合があります。

そこで、目視でどの線路に電流が流れているのか判るように、方向指示LEDを設置しています。

上の写真の場合、内回り線のパワーパックでは両渡り出来なくなっており、両渡りをする際には外回りのパワーパックを使います。

ちなみに、ポイントは全て電動なんですが、ポイントスイッチによる遠隔操作ではなく、全て手動で行っています。
理由としては、一部ケーブルの延長が必要なことと、試運転線の設置位置が部屋唯一の出入り口であり、人の“動線”上にあります。
ポイントケーブルを敷設すると足に引っかけて思わぬトラブルの原因となります。
そこで、手動にポイント操作を行うことにしています。
(方向指示LED設置の理由の一つでもあります)


画像

(すれ違いもラクラク〜)

これで、複線のすれ違い運転も出来ますし、外回り線と内回り線の待避線の渡り運転も出来ます。
単純に見えてちょっと複雑な運転が出来ますので、面白いです。


ただ、現時点で最大の問題もあります……


走行出来る車両が2編成しかいません!!


現在出張所には、4編成が入線整備中です。
しかし、そのうち2編成が客車で牽引する機関車がいません。

そのため、現在運転出来る車両は写真の883系と521系しかいません。

あまり長時間走行させると、負担も掛かります。

当面は、車両の運転もほどほどに行っていくしかありませんね……



なお、この試運転線で判ったことですが、やはりKATOの振り子制御車はS時カーブの運転は苦手のようですね。
車両の進入方向によっては、カーブに進入時にも脱線するときもあります。
このような試運転時に、車両の特性を知っておくのも、実際の運転会で失敗しないコツですね。






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
更に複雑に… (出張所“試運転線”更に拡張)
{%注意!webry%}ご注意! 当工場は長期休業中です。 日報(記事)は不定期更新です。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2018/07/07 17:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
試運転線導入おめでとうございます。DU101が2ユニットは羨ましいかぎりです。

ところで、GWに大阪府吹田市にあるレンタルレイアウト『エルマートレイン江坂店』に行ってきました。旧餘部鉄橋に見立てたジオラマで、381系9両編成が全て入りましたので、なかなかの迫力でした。お近くでしたらオススメしますよ!
ゆう
2018/05/08 21:50
to ゆうさん
コメントありがとうございます。

吹田市の「エルマーとトレイン」は、実は何度か目の前は通っているのですが、まだお店の中まで入ったことがないのですよね。
機会がありましたら、立ち寄ってみたいと思います。
情報ありがとうございました。
知佳@工場長
2018/05/09 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 一時的な対応のはずですが… (出張所“試運転線”拡張) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる