T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 出張所に実被害はありませんでした (大阪地震)

<<   作成日時 : 2018/06/18 23:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

ご注意!
当工場は長期休業中です。
日報(記事)は不定期更新です。



当工場は、工場長の転勤のため、2018年3月より関西に“出張所”を開設しています。



2018年6月18日は、四国の高知県で仕事があるため、営業担当と早朝5時に大阪を自動車で出発しました。
(丁度、テレビでワールドカップのブラジル対スイス戦が行われてた頃です。)

移動は順調で、8時には愛媛県内を高速道路で移動中でした。
しかし突然、上司から携帯電話が掛かります。

「何かしでかしたかな?」と思い、電話を取ると……


上司:「おまえら、大丈夫か?」


最初、何が起きたのか判りませんでした。


上司:「今大阪で大きな地震があった。事務所にいない人間に安否確認を行っている。」


自分の携帯をよく見ると、おおさか防災情報メールが来ており、「大阪北部で震度6弱の地震が発生した。」とあります。


とんでもないことが起きている……


とりあえず、無事であることを上司に伝えた上で、実家の家族にも無事を伝えました。
(地震発生から30分くらい後に安否を伝えたので、だいぶ心配されていましたが。)


とりあえず、出張所(関西に住処のこと)が心配ですが、やらねばならない仕事を済ませます。


そして、昼過ぎには仕事が終了。
いっしょに高知までやって来た営業担当は、明日も高知で用事があるため高知に残り、私は空路で大阪に戻ることになっていました。

しかし、関西では大きな地震が発生しています。
大阪(伊丹)に飛行機は飛んでいるのだろうか?
とりあえず、営業担当には飛行機が飛ばない場合は、私も高知に残るので空港まで迎えに来て欲しいと伝え、高知空港で別れました。

空港のテレビでは、関西の被害の状況を伝えています。

そんな中、高知と大阪を結ぶ航空機は、日中機体のやりくりが効かず欠航となった一便を除いて、多少の遅れがあるものの、飛んでいました。


「とりあえずは、大阪に戻れる。」


ただ、問題はそれだけではありません。


空港から先の足です


当初の考えでは、大阪伊丹空港から大阪モノレールと北大阪急行を乗り継いで、大阪方面に向かう予定でした。
しかし、大阪モノレールは早々に18日中の運転再開はないと発表。
北大阪急行も乗り入れる大阪メトロ御堂筋線と共に運転見合わせ……

リムジンバスも、阪神高速の通行止めもあって、運行しているのは新大阪駅行きのみ。


既に、大阪伊丹空港までの航空券は予約済。
とりあえずは、大阪伊丹空港へ向かいます。


大阪伊丹空港に到着したのは、18時過ぎ。
もちろん、大阪モノレールは終日運休。
人気がありません。

タクシーは長蛇の列でした。

リムジンバスの方はと言うと、阪神高速の通行止めが午後に解除となったことから、運行を再開。
ただし、高速道路が渋滞しているため、通常よりも時間が掛かるとのこと。


しかし、出張所は、大阪メトロ御堂筋線と北大阪急行の沿線にあります。
まだ運転再開は行われていません。
仕方なく、リムジンバスで新大阪駅まで向かい、最悪徒歩で帰ることにしました。


バスは、通常よりも時間が掛かる見込みで出発しましたが、新御堂筋で大渋滞に引っかかります。
そのため、新大阪駅には到着に70分ほどかかりました。

この頃、大阪メトロ御堂筋線は、新大阪駅までは運転再開したものの、その先は運転見合わせのままでした。
なので、ここから先は徒歩で帰宅しました。




とりあえず、電気と水道は止まってなかったので問題なかったのですが、エレベーターは地震でストップ。
そこがちょっと痛いですね。

そして、一番の問題は、部屋の状況です。
テレビなどでは、床に家具や商品が散乱した映像がたびたび流れていました。

そんな状況が起きているのか?
出張所に在籍中の車両に損害は出ていないか?

不安に駆られながら、扉を開きました。


画像

(惨事は免れた!!)

ドアを開けると、冷蔵庫やその上の電子レンジも倒れていません。
洗濯機もそのまま。
エコキュートも通常運転のままでした。

そしてその先の生活する部屋も、棚も倒れず、テレビもそのまま。


惨事は免れた……


画像

(損害無し)


出張所に在籍する車両たちも、一部が棚から落ちたものの、高さが40cm程度であったことから被害はありませんでした。




当工場は、7年前の2011年3月に東日本大震災を経験しています。
その際には、震災当日は帰宅することが出来ず、“帰宅困難者”にもなりました。
(2011年3月12日の帰宅の報告記事はこちら)

その一方で、在籍車両や工場設備には損害はなく、震災の影響は最小限に留められました。
(2011年3月12日の設備点検報告記事はこちら)


実は、その時の経験を元に、簡単な小さなことですが対策を行っています。

とりあえず、飲料用の水を3Lほど確保しています。
最低限の飲料用水の確保です。

また、こんなものも工場から持ってきています。


画像

(電源がなくなっても充電出来ます)

コンパクトソーラーライトです。
見ての通り、太陽電池を装備したLEDライトです。
(コンパクトソーラーライトの導入報告記事はこちら)


実は、中に単三充電電池が入っており、単三充電電池の充電に使えるほか、USB電源としても使うことが出来ます。
これを出張所にも配備しています。

そして、今夜からは、お風呂の残り湯も翌日まで残すことにしました。
断水時のトイレの水として使うためです。


ここ数日は、余震の可能性もありますし、熊本地震のように今後本震が来るかもしれません。
当面は、地震対策をしながら生活をすることになりそうです。






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2018年7月)
{%注意!webry%}ご注意! 当工場は長期休業中です。 日報(記事)は不定期更新です。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2018/07/01 17:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは セルフ車掌です。
このたびは大変でしたね お見舞い申し上げます。
被害が少なかったことと、東日本震災の経験が生きているようで何よりです。
これから余震等あるかと思いますがどうぞお気をつけて
前回のコメントであったしらさぎリニューアル車とは、KATOの681系でしたね。 発売されること知りませんでした。
説明を見ると 能登かがり火とダイナスターという名前の列車ができるのはこれだけらしいです。(最近の時刻表買わないのでよく知らない)地震が少ないといわれている大阪で震度6が起きるように、明日のことはわからないので、重工さんの購入も明日のことはわかりませんな。 運用課題を解決するため、予定には入っていない購入を787系アラウンド九州共々期待しております。明日のことはわからないといっておきながら、翻って当室では運用計画に沿って運用するだけなので、明日のことはもうわかりきっておりますので、購入計画になく運用に開きがないため、EF81エルムとまりもドリームカーに心揺さぶられておりますが、揺さぶられたままで終わりそうです。(最近全駅各駅停車のできる武蔵野線E231系やTOMIXとキャノンの共同開発の新モーターにも心揺さぶられている)


セルフ車掌
2018/06/19 23:34
to セルフ車掌さん
コメントありがとうございます。

地震からほぼ1週間ですが、震源に近い高槻市周辺を除けば、通常の生活にほぼ戻っています。
地震発生から数日間は、スーパーからミネラルウォーターやカップ麺など姿を消していましたが、それらの混乱も無くなりつつあります。
ただ、余震が続いていますので、しばらくは要注意のようです。

ちなみに、前回のコメントのしらさぎリニューアル車の件ですが、tomixで発売が発表されている485系新塗装車のことです。
KATOの681しらさぎは、2017年4月に入線してます。
知佳@工場長
2018/06/24 12:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 出張所に実被害はありませんでした (大阪地震) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる