やっぱり食べたくて!!

ご注意!

当工場は長期休業中です。

日報(記事)は不定期更新です。




当工場が長期休業に入り、関西に出張所を開設して1年が経過しました。

当初はいろいろ慌ただしかったのですが、ようやくですが少しずつ余裕が出来てきた感じがします。


特に、一番の問題だった“食事”ですが、コンビニ依存生活になるかと思いきや、自炊メインの生活となっています。


そんな生活の楽しみとして、週末の“宅飲み”があります。


スーパーで酒に合いそうな肴を探して一杯♪なんですが、会社で焼肉の話を聞いたときに久しぶりに食べたくなったものがあります。




レバ刺しです!!




以前なら、焼肉屋で定番の料理だったのですが、O157による食中毒が問題となり、牛のレバーの生食が禁止になります。

そのほか、豚のレバーについても生食が禁止されています。

(鳥は規制は無いものの、食中毒のリスクが高く、注意が必要らしいです。)


理由としては、当初は加工の際にO157が付着して、付着した肉を生食することで感染したと考えられていたのが、実は肝臓の内部にO157がいることが判明したためです。

こうなると、加熱しない限りレバーを食べることが出来ません。




そのため、「もうレバ刺しは食べられないか…」と思っていたところだったのですが………




画像

(久しぶりです!!)


久しぶりにレバ刺しを食べました!!

おそらく、1年半以上ぶりでしょうか?


もちろん、牛ではありません、鳥や豚でもありません。



じゃ、何のレバーかというと……




馬のレバーです!!




馬については、O157が肝臓内部で検出されないことから、レバーの生食が認められています。


でも、居酒屋やスーパーで馬刺しが提供されていることがありますが、その多くが赤身や脂身で、レバーを提供しているのは極限られた馬肉専門店くらいです。




そうなると、手軽に馬のレバーを食べるためには……




画像

(これが一番手っ取り早い!!)


通信販売を使っています!!

数年前から、馬刺し専門の「若丸」さんを利用しています。


出張所(関西)での生活を始めてから、これまで仕事や生活が慌ただしかったこと、宅配ボックスでクール便が対応できないこと(←当たり前だ!)、冷蔵庫の容量などなどの関係からこれまで購入を見送ってきました。

しかし、上でも書いていますが生活に少し余裕が出来てきたこと、自炊メインの生活で冷凍食品の利用が低下したことで、冷凍庫にも余裕が出来てきたことが挙げられます。

(手軽なコンビニの冷凍食品の利用が減ったため)


そこで、今回久しぶりに馬刺しを購入しました。



さっそく開梱すると……



画像

画像

(安全もバッチリ!)


開梱して、一番最初に見える紙は、衛生検査合格証明書の検索方法です。

一つ一つにロットが印刷されており、HPでロット番号を入力すると、そのときの衛生検査合格証明書が表示されます。

出荷までは安心と言うことです。


もちろん、到着してから保管と調理は自己責任です。

生の肉を食べるのですから、注意が必要ですね。


特にこの時期は食中毒のリスクが高まる時期です。

まな板や包丁の管理もしっかりしなくてはいけませんね。



画像

(今回2種類を購入)


今回は、居酒屋やスーパーではなかなか食べることが出来ない、2種類の馬刺しを購入しました。

一つは、もちろんレバーで、もう一つは赤身とタテガミ(脂身)のセットです。


こちらのお店では、100~150gごとに個包装されていますのでいいですね。



それではさっそく……



画像

(ごま油で…)


10分くらい水で解凍後、カットして……

あとはごま油と塩で食するだけ♪


これで、お酒が進みますね♪



馬刺しを試したことがない方もいるかもしれませんが、羊や山羊と違い、あまり癖がなく、牛と比べてもヘルシーなので試してみてはいかがでしょうか?

まずは、一般的な赤身あたりがいいかもしれませんね。













ご協力をお願いします♪

当工場ではブログランキングに参加しています。

もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。


 ○にほんブログ村




 ○Blog Rnking @With

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック