ようやく色が揃った… (KATO 313系5000番台 車端間ダンパ交換)

ご注意!
当工場は長期休業中です。
日報(記事)は不定期更新です。



当工場では、先日KATOの313系5300番台が入線しています。
(313系5300番台の入線報告記事はこちら)

KATOでは、この5300番台と共に、5000番台も改めて製品化していますが、当工場では2009年に5000番台を入線させています。
(313系5000番台の入線報告記事はこちら)


313系5000番台は、700系で採用されたセミアクティブサスペンションや車端間ダンパを在来線で初めて採用した車両なんですが、当時模型では車端間ダンパが再現されませんでした。


しかし、翌年模型化されたE259系では車端間ダンパが再現され、当工場でもAssyパーツを用いて313系5000番台に車端間ダンパの装備を行っています。
(車端間ダンパの追加作業報告記事はこちら)

その車端間ダンパですが、元々E259系用のもののため、ちょっとした問題がありましたが今回313系5000番台の再製品化に併せてパーツを交換することにしました。



画像

(ようやく色が揃った…)



■ほかのものだから仕方ない……

上でも書いていますが、当工場に313系5000番台が入線したのは2009年で、KATOではまだ車端間ダンパを再現するパーツがありませんでした。
そこで、模型にはもちろん車端間ダンパは装備されていませんでした。

しかし、2010年にKATOがJR東日本のE259系を製品化する際に、車端間ダンパのパーツを開発。
初めて模型で車端間ダンパが再現されます。
個人的には、たった1年でこの対応の差はちょっと気に入らないのですけどね。

そこで、当工場ではE259系のAssyパーツを用いて313系5000番台に車端間ダンパを装備します。



ところが……



画像

画像

画像

(色が合わない…)

車端間ダンパと台車などのほかの床下機器と色が揃っていません。
理由は簡単です。


画像

画像

(ほかから拝借)

上で書いていますが、E259系のAssyパーツを使って代用していたからです。
装備当初から気づいていましたが、あまり目立つパーツでもないので、塗装するなどの対応もせずそのままにしていました。

ですが、KATOが313系5000番台を再製品化。
車端間ダンパが装備されます。

それに合わせて当工場の313系5000番台も本来の車端間ダンパに交換する事にしました。


画像

画像


こちらが用意した313系5000番台の車端間ダンパAssyパーツです。


■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




E259系のパーツと比較してみましょう。


画像

(明らかに違う)

左がE259系用で、右が今回入手した313系5000番台のパーツです。
明らかに色が異なります。

さっそく交換しましょう。


画像

画像

画像

(色が揃った!)

色が床下と揃ったことで、しっくりくるようになりました。
まぁ、今まで以上に目立たなくなった訳ですが…


画像

(今度はおそろいで)

これで、313系5000番台も本当の意味で車端間ダンパを装備することになりました。
5300番台も入線していますので、いろいろと運用に入ってもらいたいと思います。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック