これでは判らないか……

ご注意!
当工場は長期休業中です。
日報(記事)は不定期更新です。


工場長の私は、現在転勤のため関西に出張所を開設しています。
その一方で、1ヶ月から2ヶ月に一度の割合で工場(実家)に帰郷しています。

今回は、その帰郷の際の出来事です。


IMG_2680.JPG
(普通じゃ見分けがつかないか…)


2019年9月に、茨城県の工場(実家)に帰郷。
予定を全て終えて、東京駅から新大阪へ帰るときのことです。

自分が乗車する新幹線「のぞみ」のとなりの番線には、回送列車が停車していました。
もちろん、周りの人たちは回送列車ですので誰も見向きもしません。
(ドクターイエローだったら別なんでしょうけど?)



でも、何か違和感を感じます。



そうして、ようやく気づきました。



IMG_2679.JPG
(確かに“ただ”の回送列車ですが…)

よく見るといつものエンブレムではありません。



N700S系だ!



2018年から試験運転を続ける、東海道新幹線の次世代車両です。
外見は現行のN700A系に似ているため、一般の人たちには“ただ”の回送列車が停車しているようにしか見えないのでしょうね。

車内については、全てカーテンが下げられており内容は覗えませんが、各種試験を実施しているようです。
(最近では5Gの通信試験なども行っているようですね)


エンブレム以外にパッと見たところで異なるところと言えば……



IMG_2682.JPG
IMG_2683.JPG
(ちょっと違う)

先頭の青の帯がこれまでのN700系と異なり、分かれています。



IMG_2680.JPG
(並ばないと気づかない?)

でも、これも並ばないと判らないくらいのことですので、誰も注目しなかったのでしょうね。
個人的には、はじめて生でN700S系を見ることができたので盛り上がったのですけどね(^^ゞ

なお現在、性能確認編成(J0編成)の16輌編成1本が各種試験を行っており、2020年から営業運転に入る予定です。
ただ、このJ0編成は今のところ試験終了後は営業運転には入らず引退の予定だそうです。
(何かもったいないような気もするのですが)

でも、この性能確認試験によって、今後の東海道新幹線で更に安定した運転を続けられるのですからそれだけの価値があるのでしょうけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック