T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり“急行”も作らなきゃ! (キハ58系列 急行くまがわ その1)

<<   作成日時 : 2014/09/06 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

当工場では、九州の非電化区間の運用拡大のためキハ58系列の車輌製造を行っています。

第一弾の快速シーサイドライナーが完成し、大村線の運用が可能となりました。
(快速シーサイドライナー入線報告記事はこちら)


引き続きキハ58系列の車両の製造を行うのですが……



急行くまがわを製造します!!



急行くまがわは1959年に門司港〜人吉を結ぶ準急列車として誕生します。
その後1966年に急行列車に格上げ、1972年には湯前線湯前まで乗り入れを開始します。
(また、同じ区間を併行して急行「えびの」が宮崎まで運転されていました)

1980年に急行「えびの」の博多〜熊本が廃止になり、急行「くまがわ」も博多発に変更になります。
しかしなぜか、1989年に博多乗り入れを「えびの」とし、「くまがわ」は熊本発になります。

その後、1993年に急行「えびの」の博多乗り入れも終了。急行「くまがわ」の湯前までの乗り入れも終了します。

そして、2000年には急行「えびの」が廃止。「えびの」の熊本〜人吉の区間は「くまがわ」の増発で対応することとなり、当時の急行列車で「くまがわ」は一番本数の多い列車となります。
(それなりに需要があると言うことです)

そして2004年に九州新幹線 新八代〜鹿児島中央が開業。
それに伴って、特急「あそ」と統合する形で一部が特急「九州横断特急」へ格上げ。
残りも特急に格上げされます。

車両は、2004年にJR四国から購入したキハ185形に変わりますが、それまではキハ58系列で運行されていました。
特に国鉄末期から1990年代前半はいわゆる「旧九州急行色」で、後半は快速「シーサイドライナー」同様、水戸岡鋭治デザインの塗装に変更されていました。
(新九州急行色とも呼ばれます)



今回はその1990年代後半から急行時代を走った「新九州急行色」を製造します!
(まぁ、旧九州急行色もあとで製造しますけどね。)



製造する車両ですが……



画像

画像

(こんなに要らない?)

すべてtomixで、キハ65形が1輌、キハ58形400番台が2輌、キハ58形1100番台が1輌の合計4輌です。
既に新九州急行色になる頃には、2輌編成が基本でしたから4輌は多すぎです。
実は1輌は快速「シーサイドライナー」になります。

と言うのも、既にシーサイドライナー向けに6輌製造しましたが、「くまがわ」と共に運用に入っていた白抜き文字の車両が2両のみでしかも動力無しと言うことから、動力車を増備します。
(おまけに前期後期に分けます)

残り、3両が「くまがわ」になります。
(季節増結も考えればこんなものか?)


さて、準備が整いましたので次回から製造に入ります。


次回は分解と加工に入ります







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • やはり“急行”も作らなきゃ! (キハ58系列 急行くまがわ その1) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる