T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 単色なので簡単♪ (クモハ84形 岡山 その9)

<<   作成日時 : 2014/12/13 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、吊りかけ駆動の音を轟かせながら走っていた岡山のクモハ84形を製造しています。
(100km/h近い速度出したら、相当すごいサウンドになるんでしょうね♪)



前回の作業では、塗装前の錆び取り作業を行っています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は車体の塗装作業を行います



画像

(どう見ても東武鉄道?)




■“試験運転”を行いながら……

さて、塗装作業に入るのですが、今回からちょっとだけ作業に変更が出ています。


画像

(試験運転を兼ねます)

まずは、車両倉庫完成に伴い、ルーフバルコニーにあったバックルストッカーが半減しました。
そのため作業スペースが拡大!
ゆったりと作業が出来るようになりました。
ただ、2段積みのバックルストッカーが“風よけ”になってくれていたのですが、風が強い日には逆に作業しづらくなった感じもします(^^ゞ
(車両倉庫完成報告記事はこちら)

もう一つはエアブラシのコンプレッサーに使う電源を、商用電源から先日購入した発電機に切り替えました。
(当工場の発電機導入報告記事はこちら)
発電機は本来、災害用の非常用電源として導入しましたが、定期的(1ヶ月に1度)に試験運転をする必要があります。
当工場では、月に2〜4日塗装作業を行いますので、発電機の試験運転と燃料の消費に充てることとしました。


それでは準備も整いましたので、作業に入りましょう。
まずはプライマーを吹いて、GMカラーNo.14 灰色9号を吹きます。


画像

(灰色一色に)

まずは全体をライトグレーにして、成型などに問題が無いか確認します。
(また、塗装の色調調整も兼ねます。)

そして今回、一番気になる箇所を確認します。


画像

(やはり瞬間接着剤でした)

正面の“おでこ”にあたる部分です。
大きく出来た隙間を瞬間接着剤で埋めたのですが、ペーパー処理のあと空間が残っているように見えていました。


(参考)
画像



実際下塗りをしたところ、ちゃんと埋まっていることが判りました。
これで一安心ですね。

それでは本格的に作業に入ります。


まずは屋根を塗装します。
GMカラーNo.9 ねずみ色1号を屋根に吹きます。


画像

(ちゃんと吹いた?)

屋根にねずみ色1号を吹きました。
前に吹いた灰色9号と同系統の色ですので、あまり見分けが付きませんね(^^ゞ
その分、ちゃんと塗装できているかしっかり見ましょう。

確認できたらマスキングです。


画像

(ちょっと控えるのがミソ)

屋根をマスキングしました。
組み立て説明書によれば、屋根のうち正面妻面から0.3mm程度は車体色だそうですので、控えてマスキングします。

マスキングを終えたらいよいよ車体色です。
車体色なんですが、実車は黄色6号だそうです。

黄色6号はジョイフルトレイン「なのはな」(初代:165系)の車体色やジョイフルトレイン「サロンエクスプレス東京」(14系700番台)の帯に使用されていた色だそうです。
まぁ正直、メジャーな塗装には使用されていませんので鉄道模型用塗料でも販売されていません。

組み立て説明書では、クロスポイントカラーの「セージクリーム」を代替色として指定しています。
「セージクリーム」は皆さんご存じの東武鉄道で使われていた色です。
ただ、ちょっと「セージクリーム」では黄色が強すぎる感じがします。

そこで、当工場ではGMカラーNo.5 クリーム1号を使うことにしました。
この色はスカ色のクリーム色です。


画像

(いい感じ♪)

車体色の塗装が完了しました。
GMカラーのクリーム1号はKATOやtomixの完成品に比べてちょっと黄色が強いのですよね。
なので、このくらいが丁度いいかもしれません。

まぁ、正直なところ実車をこの目で見たことが無いため、正確な色が再現できないのもあるのですが……


そして、マスキングを剥がして……


画像

(塗装完了♪)

これで、車体の塗装作業は完了です。
(車体が単色なんで簡単ですね♪)

そして、同時に……


画像

(こちら一緒に…)

ライトユニットのヘッドライトも塗装しておきます。
もちろん下塗りもしておきます。



以上で、今回の作業は終了です♪


次回は色差しと帯デカールの貼り付けなどを行います



●おまけ

12月に入り、首都圏でも最低気温が氷点下になる時期に入ってきました。
こうなると実は塗装作業にも影響が出てきます。

まぁ、強い北風もありますが、一番の問題は気温です!

気温が10℃を下回ると、塗料の乾燥が著しく悪くなります。
そのため、作業効率が著しく悪くなります。

そして、そろそろ冬至が近づいていますが、日が暮れるのも早く16時30分には真っ暗になります。
14時を過ぎると日が西に傾き、気温も下がってきます。

そのため、屋外で塗装作業を行える時間は11時頃から14時過ぎまでの限られた時間になります。
なので、塗装作業ではいつも以上に事前の段取りをしっかりする必要があります。

屋内で塗装作業できるように塗装ブースも購入していますが、作業スペースが限られるのでやはり屋外で作業したくなりますね♪







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デカールも千差万別 (クモハ84形 岡山 その10)
黄色一色の塗装なら、レンタルレイアウトで「これは東武の車両なんですよ♪」と言っても通じそうな、岡山のクモハ84形を製造しています。 (最近車体塗装どころか、帯だけの時代ですからね…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2014/12/14 17:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 単色なので簡単♪ (クモハ84形 岡山 その9) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる