T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 何を参考にした? (123系 静岡 その6)

<<   作成日時 : 2015/03/17 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

当工場では、基本的に一度も転属無く仕事を終えた静岡の123系を製造しています。
(転属があったのは西日本だけなんですよね…)



前回の作業では、車体の箱組みをはじめています。
(前回の作業報告記事はこちら)



今回は屋根を取り付けていきます




画像

(何か抜けているけど…)




■600番台は判りますが……

さて、車体に屋根を取り付けますが……


画像

(3輌なのに5輌分…)

キットには屋根板が5枚入っています。
見ての通り、GMの123系エコノミーキットのパーツですね。
この5枚を使って車体に取り付けていきます。

5枚必要なのは600番台がパンタグラフを2基搭載しているからです。

まずはパンタグラフが1基の5145から行きましょうか?


画像

(そのままというわけには…)

屋根にはめ込むために屋根の幅を少し狭めたうえ、パンタグラフのない方を数ミリ縮めます。
と言うのもはめてみると……


画像

画像

(何で隙間が?)

パンタグラフのセンター位置を車端から20mmの位置にするため、このように隙間が出来ます。
そして、もう一方が出っ張るので縮めていたのです。
この屋根パーツは123系のものですが、なんでこんなにズレるのでしょうね?

123系キットの屋根は、クモニ143形から改造された1〜6を参考にしているのでしょうか?

ちなみに、組み立て説明書には屋根の向きは記載されていませんので、実車の写真などで確認します。

とりあえず取り付けてみましたが、見ての通り隙間が出来ます。
ここは……


画像

(埋めてしまえ!)

余った屋根で埋めてしまいます。


次に600番台ですが……


画像

(位置を確認)

5145の時もそうですが、車体にパンタグラフのセンター位置を付けておきます。

屋根の方ですが……


画像

画像

(片方から…)

2枚の屋根のうち、片方を半分に分割。
これを……


画像

(まずは半分)

半分取り付けて、残りの長さを確認して取り付けます。


画像

画像

(隙間はあとで…)

取り付けると切り接ぎが出来ます。
まぁ、あとで作業を行いましょう。


画像

(600番台も取り付け完了)

600番台もとりあえず屋根の取り付けが終わっています。
(隙間が開いていますけど…)


以上で今回の作業は終了です。


次回も屋根の作業を続けましょう







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
切り接ぎだらけに… (123系 静岡 その7)
当工場では、元は旅客車ではなかった静岡の123系を製造しています。 (元はクモユニ147形とクモヤ145形ですからね…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/03/22 17:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 何を参考にした? (123系 静岡 その6) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる