T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS たまにはメンテナンスをしないと〜♪

<<   作成日時 : 2015/04/21 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄道模型という趣味は、私の場合は“作る”というのがメインになっていますが、いろいろな楽しみ方があると思います。
レイアウトを作ったりとか……
のんびり眺めるとか……(笑)
(最近は買ってそのままの人も多いかも?)


その中で、やはり鉄道模型は“走らせる”というのがこの趣味の醍醐味ではないでしょうか?


レイアウトの線路を走る自分の車両を眺めるのは、いつも楽しく、旅情を感じますよね♪


ところがっ!


鉄道模型は動かせる半面、動力ユニットは精密機器です。
線路から電力を集電して、モーターを回し、車輪を駆動させて走らせます。

そのため……


車両のメンテナンスは欠かせません!
(車輌の説明書にも書いてありますね)

せっかくレンタルレイアウトに車両を持ち込んだのに、車両の動きがギクシャク……
その時のがっかり感はたまったものではありませんね。


当工場でも、2000輌を超える車両が在籍しています。
実は動力車だけでも400両近くはありますので、車両のメンテナンスもかなり苦労しています。
何か容易にメンテナンスできる方法はないのか、考えているのですけどね……




画像

(楽に出来たらいいのに…)




■定番のクリーニング方法?

鉄道模型のメンテナンスと言えば、車輪の清掃ではないでしょうか?
集電が悪くなれば、走行できなくなりますし、ヘッドライトや室内灯がちらつきます。

最近ではtomixのように通電カプラーにして編成全体で集電することで解決しようというものもありますが、それでも清掃を怠れば最終的には走行に影響が出ます。

まぁ、動力の無いトレーラーの車輪清掃は比較的容易なのですが、問題は動力車です。
駆動用のギアがありますので、手で容易に車輪を回してクリーニングできません。
かといって分解して車輪を清掃するのも大変……


なので用意するのが……


画像

画像

(やっぱりこれ?)

9Vの角型電池です!
(いわゆる006P電池です)

なぜこれが使われるのかというと……


画像

(ちょうどいい♪)

ほかの乾電池とは異なり、プラス(+)とマイナス(−)の電極が隣り合っています。
しかも、その距離がNゲージの線路幅(9mm)に近いのです。
更に、9Vという電圧が模型の最大電圧12Vに近いこともあって駆動に適しているですよね。


画像

(お手軽清掃)

電池を車輪に押し付けて車輪を駆動し、その車輪にクリーナーを付けた綿棒を押し当てます。
そうすれば、容易に車輪の清掃が可能です。

ただ、これでかなり容易に清掃が出来るようになったのですが、課題も残ります。



■コストは下げられないか?

課題のひとつは清掃にかかるコストです。
この角型乾電池は普通の乾電池に比べてちょっと高めです。

アルカリの角型電池1個が約300円ほどかかります。
1輌の清掃で電池を使い切ることはありませんが、何十輌も清掃を続けると電圧(と電流)が下がりはじめます。
そうなると、回転が落ちてトルクもなくなりますので清掃の効率が落ちます。

そのため、それなりのタイミングで買い替えるのですが、ちょっと財布にダメージを与えます。
(それに、資源の無駄ですしね)


そこで……


画像

(リサイクルできます!)

充電電池に切り替えました!
購入したのは東芝のNi−MH充電電池で、充電器と電池2個のセットで3000円ちょっとで購入しました。
初期投資はかかりますが、10個の角型電池を購入すれば同じですので、それほど高い買い物では無いと思います。


画像

(2個同時充電です)

充電器を使って2個同時に充電が出来ます。
コンパクトな充電器ですので場所を取らないのがいいですね。
ちなみに、充電時間は約6時間です。



■さらに簡単に清掃できないか?

まぁ、掃除というものは面倒くさい作業ですので、さらに容易に出来ないか考えるものです。
また、電池を車輪に押し当てたりする作業は車輌を手に持って行うのですが、キットの車輌は脆いので慎重に行わなければ行けません。

なので、容易に清掃できる工具があればと思い探したところ……


画像

画像

(昔はブラシだったかな?)

ありました!!
津川洋行が販売している“ソフト君N”です!
”N”というのはNewという意味ではなくNゲージの意味みたいですね。
(HOゲージ用に“ソフト君HO”があります)

昔、同様の製品を見かけたことはありますが、昔は金属ブラシで通電させながらブラシで車輪表面を清掃するものでした。
金属ブラシで車輪をこすりますから綺麗なるものの、傷も付きますので逆に汚れやすくなるデメリットもありました。

今回の製品はスポンジ状の導電樹脂を使っており、金属ブラシと比べて格段に車輪に優しい構造になっています。


画像

(楽々清掃♪)

動力車をソフト君に乗せて、コードに電圧をかければ車輌は動き出します。
車両を軽く押さえることで、車輪が空転状態となり樹脂にこすられてゴミが落ちる仕組みです。
(説明書では30秒くらいで状態を確認するようになっています)

スポンジ状の研磨布なので、金属ブラシや紙やすりよりは傷は付きにくいのですが、研磨していることには変わりありませんので、長時間頻繁に行うのはよくなさそうですね。

また、車輪の多い機関車は注意して扱います。
連接構造のH級機関車は連結部に注意し、F級の電気機関車やDD51や写真のED76のように中間台車を持つ車輌は中間台車でショートしないようにします。



結局……



画像

(これが一番か?)

まぁ、ソフト君を使っても綺麗になりますが、従来通り電池と綿棒で再チェックを行っています。




やはり……





人力が一番なのかもしれません……(笑)






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • たまにはメンテナンスをしないと〜♪ T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる