T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 復旧までしばらくここで待つしか… (関東鉄道 常総線)

<<   作成日時 : 2015/09/12 17:00   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

9月9日から11日の台風17号および18号による大雨の影響で被災した方々にお見舞い申し上げます。

私の住む茨城県南部も大雨の影響を受け、特に近隣の常総市などでは鬼怒川が決壊。
多くの住宅が巻き込まれる大災害となりました。

そこで、当工場の近辺での状況をちょっとだけ見ていきたいと思います。
(この記事は2015年9月12日現在のものです)


画像

(ここまで避難してきました)




■一応ひいては来ているけど…
まずはちょっと近くの川に行ってみましょう。


画像

画像

(まだまだ河川敷には…) 2015.09.12 取手

近所の利根川の様子です。
まだ河川敷にまで川の水が上がっています。

なお、河川敷に入るのはとても危険ですので、河川敷の水が完全に上がってからにしましょう。
(水防の関係者でも余程のことがない限り、河川敷には入りませんから…)

このくらいの増水は年に数回はあるのですが、今回の大雨では更に3mほど水位が上昇していました。

ちなみに、水位は国土交通省や地元自治体で計測しており、インターネットでも確認することが出来ます。
そのほか、河川敷では……


画像

(一目で分かります)

国土交通省が河川敷に設置している看板です。
道路橋や鉄道橋などの橋脚や量水標に色を付けて判りやすくしているそうです。

現在は……


画像

(別な意味でアウトッ!!)

白いレベル1(水防団待機水位)が水で隠れていて、黄色いレベル2(氾濫注意水位)が見えていますので、現在は氾濫注意水位を下回っており、氾濫の危険性は低い状況ということになります。
なお、水防団待機水位というのがありますが、この水位を超えると上流の河川水位や降水量を見て消防や水防団が水防活動を開始します。
(河川の水門閉鎖や排水ポンプの起動、堤防の監視活動などを行います。)

これらの水防活動は消防の他、水防団が行っています。
水防団は大抵、消防団が兼任している場合が多く、多くの地域ボランティアで水防活動も行われているのです。
私も消防団員ですので水防団員でもあるのですが、通常は河川に接している地域ではないのですぐに出動などはありません。しかし今回は大雨の特別警報も発令されたことから、私の方にも出動待機(自宅待機)の連絡が来ました。
それだけ、今回は大きな災害が予想されたのでしょう。
(実際にこれだけ多くの災害が発生してしまいましたが…)

ちなみに、見ると自動車が見えます。
ここは駐車場でしたので、置きっ放しの自動車はこういう運命となります(^^ゞ
(もちろん廃車確定でしょう…)


そして、JR常磐線の方は……


画像

(工事中断)

現在、掛け替えが完了した利根川橋りょうの、以前まで使っていた橋の撤去作業が行われています。
しかし、この状況では作業不能ですね…




■地元の足が…

さて、もう一つ見ていきたいのが関東鉄道常総線です。

関東鉄道常総線は、JR常磐線の取手駅から、JR水戸線の下館までを結ぶ非電化の私鉄です。
途中、つくばエクスプレスと交差する守谷を抜けると、今回大きな被害を受けている水海道や石下を通り、下妻、下館と田園地帯をのんびりと走る路線です。
(取手〜守谷〜水海道は東京のベッドタウンとして開発が進んでいますけどね)

その、常総線ですが10日より全線で運転を見合わせています。


画像

画像

(閉鎖中)

JR常磐線との連絡改札はもちろん……


画像

(ひっそり…)

自動改札は閉じられ、人もまばらです。
駅員さんが常駐しており、代行バスの案内をしていました。

当初、道路事情から代行バスの運行が全く行われておりませんでしたが、12日土曜日から取手〜守谷で代行バスの運行が始まっています。
(詳しくは関東鉄道のHPで…)
当面、水海道や石下方面は路線バスの他に高速バスも国道294号線が冠水していますので動けませんので、守谷から先へは向かう手段はなさそうです。
(下館から南下するルートでは代行バスの案内はありません)


さて、車両の方なんですが……


画像

画像

(避難してきています!) 2015.09.12 取手駅

取手駅にはキハ2100形6輌が避難してきています。
通常、2輌編成で地域でイベントでもない限り4輌編成も見かけないのに、こんな形で6輌編成を見るなんて……

浸水は決壊地点から南下、常総市の旧水海道中心地を越えてつくばみらい市(旧谷和原村)にまで達しています。
そのため、常総線の水海道機関区も浸水。
(同様に、関東鉄道バス水海道営業所も浸水)
車両も着の身着のまま(?)避難してきたようです。

他の車両たちも守谷駅など各駅に分散して避難しているようですが、線路や駅施設が浸水したほか、整備基地まで浸水したとなると復旧には多くの時間が掛かりそうです。


東日本大震災でも早期に営業を再開した常総線ですが、今回の被害は過去最大のものでしょう。
なんとか1日も早い復旧を望みたいところです……







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・ブログ篇)
今日は天皇誕生日ですね。 2015年もあと1週間ちょっとです。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も臨時休業の連発でしたから…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/12/23 17:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 復旧までしばらくここで待つしか… (関東鉄道 常総線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる