T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS “改造種車”も見据えて… (tomix キハ58系 たかやま 入線)

<<   作成日時 : 2015/11/22 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

当工場では東京から東海道本線を西に進むように車両増備を続けています。
そのうち、岐阜から高山を経由して富山へ延びる高山本線についても、東海道本線に接していることから車両増備を行っています。

今回、高山本線を走っていた急行車両を入線させています。



画像


tomix
92583 JR キハ58系ディーゼルカー(たかやま) 基本セット
92584 JR キハ58系ディーゼルカー(たかやま) 増結セット



■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




急行「たかやま」のキハ58系列セットです。
急行「たかやま」は大阪から東海道本線〜高山本線を走り高山へ向かう急行ですが、元をたどれば1966年に運転を開始した急行「のりくら」が発祥になります。
実はこの当時、「たかやま」という名称は名鉄から乗り入れて高山に向かう準急列車に使われていました。

その後、1968年に急行「のりくら」は「くろゆり」に名称を変更。

更に1970年に「たかやま」は「北アルプス」に名称を変更。翌1971年に急行「くろゆり」は「たかやま」に名称を変更します。
そして1978年には、飛騨古川まで運転を延長。

その後、分割民営化後も引き続いて運転されることになります。

1991年には使用していたキハ58系列のアコモデーションを改良。
今回当工場に入線した車両はそのアコモ改造車となります。


それでは、内容を見ていきましょう。



■パッケージ
画像


パッケージは基本セットと増結セットの2種類で、基本セットは通常のブック形ケースで増結セットは紙パッケージですね。


画像

(HGですから)

基本セットの方はHG仕様ですので車両が描かれています。
合掌造りの建物が描かれているのもいいですね。


なお、増結セットは基本セットにまとめることが出来ます。

画像

(まとめられます)

一つにまとめられますので、収納が楽ですね♪


■付属品
付属品は一杯あります。


画像

(ユーザー取り付けの山!)

基本的にユーザー取り付けが必要なtomixですが、比較的多いかな?
なお、車番は印刷済みです。
理由は基本セットと増結セットで改造された車両全車が含まれるためです。


画像

(もちろんあります)

パッケージにもあるとおり、ヘッドマークが入っていますので必要に応じて取り付けてみてもいいですね。


そして、今回注目なのが……


画像

画像

(これまで無かった!!)

JR防護無線アンテナはこれまで、足を切断して接着剤で固定するか、屋根を外して裏にあるガイドを使って穴を開けて取り付けていたのですが、今回初めて取り付け治具が付属するようになりました。
位置は3箇所選べますが、通常は真ん中でしょうか?



■車両
同じ車両が多いので、まとめて紹介します。


●キハ58 6001 (動力車)
画像


キハ58形6001はキハ58形1028から改造されました。
基本的にJR東海のようにエンジンを換装してはなく、車内のアコモの変更や、暖房装置の変更だけが行われています。


画像

(平窓車です)

比較的車齢の若い車両が選抜されましたが、キハ58形は全車平窓車です。
出来れば、正面の車番を入れて欲しかったですね。


画像

(ハーフガーランドです)

ベンチレータはハーフガーランドになっています。
その一方で…


画像

(こちらは標準)

水タンクは標準のタイプですね。

足回りの方を見ると…


画像

(パーツを販売して欲しい!!)

トイレは後期形ですので窓が細長いタイプになっています。
そして、注目はその下……
循環処理装置がパーツで再現されています!!
実に欲しいパーツですね。
当工場なら、平気で50個くらい一気に発注するのですが……


あと、ちょっと気になるのが……


画像

画像

(凹凸は苦手)

これはtomix全般に言えるのですが、凹凸が多い部分に印刷が回りこまない傾向があります。
給水口付近はともかく、ドア横の検査票入れ?にも印刷が回りこんでいません。
もうちょっとがんばって欲しいですね。


●キハ58 6002・6003
画像


キハ58形6001と同じく、キハ58形1050と1052から改造されています。
模型も動力車と基本は同じでトレーラになっているのが違いです。


●キハ28 6001・6002
画像


こちらは1エンジンのキハ28形です。3007と3008から改造されています。
従って……


画像

(パノラミックです)

最終製造グループから改造されていますので、パノラミックウィンドになっています。


画像

(座席が合っていません)

車両の中を見ると、窓と座席のピッチが合っていません。
これは、座席をボックスシートから簡易リクライニングシートに交換したためです。
ちゃんとここまで再現されていますね。


●キロ28 6001
画像


キロ28形6001はキロ28形2510から改造されました。
こちらは最終製造グループですね。


●キロ28 6002
画像


6002の方は2162から改造されています。
ちなみに2162は元は162で、自車冷房用の発電機(4DQ)を自車含めて3輌分の発電機(4VK)に換装したためプラス2000の改番を行っています。

初期車ですので、屋根に小さな通風口があります。

そして、一番の違いはユニット窓交換車と言うことですね。
一段降下窓は雨水の浸入により、車体内部が腐食しやすいことから国鉄末期にユニット窓へ一部の車両が改造されています。
(サロ165形などにもいました)

6002もそのユニット窓改造車だったのですね。





以上が今回入線したキハ58系「たかやま」です!




画像

(時代には勝てず…)

分割民営化後もグリーン車を連結して走り続けた急行「たかやま」ですが、1991年に今回の車両にリニューアルして運行を続けるのですが、1999年に急行「たかやま」は特急「ひだ」に格上げされ、このキハ58形も姿を消します。
そして、それ以降JR東海のキハ85形が特急「ひだ」として毎日1往復大阪まで顔を出しています。

まぁ、車両の老朽化もあったのでしょうけど、最高速度が95km/hと鈍足でダイヤ編成にも影響が出るようになったのも理由かもしれません。



画像

(実は3色目)

当工場のJR西日本キハ58軍団です。
これまでは、氷見線・城端線の運用のため2011年に製造した旧高岡地域色と、友人から車体交換のため入線した急行「砂丘」のキハ58形だけでした。
今回、新たに急行「たかやま」が入線したことで、JR西日本のキハ58形は3色になりました。

過去に多くのキハ58系列の製造を行っている当工場なんですが、その多くはJR九州管内の車両だったのですよね(^^ゞ

ちなみに、今回の急行「たかやま」は現時点では改造種車を兼ねています

運用的にはキハ85形の特急「ひだ」と被りますので、場合によっては一部の車両は改造に回るかもしれません。
急行「たかやま」は多客時はキロが1輌入った6輌編成になりますが、、通常はキロ1輌入りの4輌編成でした。
つまり、基本セットで充分なのです。

そこで、一部の車両は改造種車に回す可能性があります。
まぁ、現時点でも30輌近いストックは用意していますので、ここまで改造に回る可能性は低いのかもしれませんけどね。
(完成品も出るでしょうし…)







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2015年 12月 その1)
とうとう2015年も1ヶ月を切りました。 まだ、当工場では来年に向けた準備をカレンダー以外していません!! (2016年カレンダー購入報告記事はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/12/01 21:22
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・車両動向篇)
当工場では毎年、この1年掲載した記事から1年を振り返っています。 先日は当工場の日報のアクセス数で今年を振り返っています。 (先日の2015年総括・ブログ篇はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2015/12/26 17:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TOMIXの塗装(印刷)は確かに凹部分に塗料が入っていない事がありますね
私もキハ65・66ハウステンボスでキハ65の乗務員扉の凹部分に全く塗料が入っていない
派手な不良品を奴を掴まされましたから
(ちょうど運転台正面から見て左側、つまりトレーに接して見えなかった面です)
さすがに酷すぎたのでメーカーに連絡して修理に出しました
(初期不良扱いで費用は無料でした)
その直前に買ったキハ58九州色ではまともだっただけにこの差はなんだかなぁ・・・と思ってしまったり

今回のたかやまに付属の治具は便利ですね
私も上記の九州色で列車無線アンテナを取り付けるために車体を外して・・・
と手間が掛かった上にピンバイスのドリルの径を間違えるというミスをしてしまいましたし
(穴を0.5mmでなく0.7mmで間違えて空けてしまいました、これは私の不注意ですが)
治具が有れば手間が省けるだけでなく、こうした間違いも減りますよね
無理矢理治具の穴を広げる人は居ないでしょうから

とにかくTOMIXは塗装の品質を上げてほしいです
箱を明けて取り出した製品が塗装不良だった時のショックは大きいですよ

長文失礼しました
空気バネ
2015/11/23 08:14
to 空気バネさん
コメントありがとうございます。

まだ、湘南色や横須賀線色など、自分で塗り替えられるとそうならいいのですけど、そうでない場合はどうしようもないので困ってしまいます。
また、tomixの場合には曲面に対しても滲んでいたりすることがあるのですよね〜
まぁ、目立たなければいいのですが……

個人的にユーザー取り付けは車両毎に加工できるのでいいのですけど、最近の傾向としてはこのような治具を付けてくれるのはいいですよね。
特にキハ58/28形の平窓車は前方の屋根の取り付けツメの先端が曲がっているので、取り外しの際に誤って折ることもありますから、その対策でもあるのでしょうね。
知佳@工場長
2015/11/26 23:32
いつもキハ58関連の記事を見させていただいています(^-^)
私自身もキハ58が好きで、加工等していますので、とても参考になっています。
たかやま色も、いずれ買いたいとは思っていますが、改造を先に済ませなければと我慢しています💧
ところで重箱の隅をつつくような話ですが、たかやま色のキハ58についている水タンク、標準の?水タンクと違ってコルゲートのようなものがないのが特徴なんです。以外と気付かない方も多いですが…
分売パーツもたかやま用として売っていまして、違うものというのがみてとれます。
この水タンク、たかやま色のみではなく、その他の車両にも付いていたみたいなので、特定車番の車両を再現する際のちょっとした変化にもなって面白いですよね(^-^)
これからも楽しみにしています♪
なっちゃん
2016/01/23 19:35
to なっちゃんさん
コメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございます。
確かに水タンク違っていましたね(^^ゞ
今回のキハ58形もそうですが、キハ40形列もいろいろタンクの形状が違うらしくて、いろいろ調べてみると面白いようですね。
(ただ、実車が姿を消していますので資料集めは大変ですが…)
知佳@工場長
2016/01/26 00:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • “改造種車”も見据えて… (tomix キハ58系 たかやま 入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる