T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS “車掌室”がなくても灯します(tomix コキ106 グレー・コンテナなし・テールライト付 入線)

<<   作成日時 : 2016/02/20 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 4 / コメント 0

当工場では、旅客車両については東京から東海道本線〜山陽本線〜鹿児島本線と西へ進むように車両増備を行っていますが、北海道から九州まで鉄道のない沖縄県を除く全国全域が運用範囲の車両があります。



それは……



貨車です



貨車は専用荷役の私有貨車を除けば、現在のコンテナ車やガソリンタンク車は、北は北海道から南は九州まで全国各地で活躍しています。
当工場でも、分割民営化後のJR貨物の所有する貨車を中心に、タキ1000形(二代目)などのタンク車を所有しています。

さて、その貨物列車ですが分割民営化前までは、旅客列車と同様に車掌が乗務していました。
そのため、貨物列車の最後尾には車掌車が必ず連結されていました。
(貨車の名称では“ヨ”になりますね)

それが、車掌が機関車乗務に切り替わり、車掌車が連結されなくなり、現在では車掌の乗務はありません。
(つまり、機関士だけ乗務のワンマン運転です。)

しかし、列車の最後尾には「この列車の最後尾ですよ〜」と示す必要があり、円形の赤い反射板が取り付けられるようになります。
(甲種回送でも取り付けられますね)

その中で、一部の貨物列車では夜間の識別をよくするため、バッテリー式の標識灯を取り付けて運転されている列車もあります。



今回……



それを再現する車両が遂に製品化されましたっ!!



画像


tomix
8703 JR貨車 コキ106形 (グレー・コンテナなし・テールライト付)



■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




コキ106形は、分割民営化後のコンテナ列車の高速化のためJR貨物が開発したコンテナ車です。
1988年からコキ100形・コキ101形が生産を始め、コキ106形は1997年から製造が始まりました。

コキ106形は、コキ104形をベースに海上コンテナを搭載できるように改良されています。
当初は他のコキ100系列同様に、コンテナブルーの塗装でしたが、識別しやすいように途中からグレーの塗装に変更されています。

コキ106形は2007年までに1162両が製造され、全国各地で活躍しています。



このコキ106形ですが、現在のコンテナ列車ではなくてはならない車両ですので、完成品メーカー各社で製品化されています。


しかし今回……


これまで無かったものが追加されたことが一番の特徴でしょう!



まぁ、それはあとにとって置いて、いつも通りパッケージから見ていきましょう。
(ちょっと引っ張ってみる…)



■パッケージ
画像


特に特徴はありません。
普通のプラケースに入っています。
コンテナを積載していませんので、EPS(発泡スチロール)がスペーサーとして入っています。



■付属品
特殊な機構を装備していますので、付属品があります。

画像

(これだけ)

とは言え、付属してるのは取扱説明書と車番インレタだけです。



■車両
●コキ106 674
画像


見ての通りコキ106形です。
ぱっと見であれば、特に特徴も無い感じもします。


画像

(601以降です)

車番はコキ106 674です。
2003年から製造されたグループ(601以降)になりますね。

なので、それ以前とは異なる部分があります。


画像

(何か増えた?)

気づきにくいですけど、突放禁止の標記と黄色の手ブレーキハンドルの間に、変な突起がありますよね?
これは、「手ブレーキ緊解表示装置」です。
手ブレーキを使用していると、ここから標識板が飛び出して使用していることを知らせます。


画像

(上:従来のコキ106形グレー  下:今回のコキ106形グレー・テールライト付)

ちょっと比較してました。
上が従来のtomix製コキ106形で、下が今回のテールライト付きです。

見ての通り、ブレーキ緊解表示装置の有無が判りますが、そのほか突放禁止標記の大きさや、手ブレーキハンドルのディティールに差があります。


画像

(上:従来のコキ106形グレー  下:今回のコキ106形グレー・テールライト付)

台車も同じFT−2台車ですが、見直しがされています。
実は、模型の製造も今回は国内生産品になっています。
(従来は中国製)

その影響は他にもあります。


画像

画像

(積載しなくても格好いい!)

左が従来のコキ106形で、右が今回のコキ106形テールライト付きです。

一番目立つのは、車体色ですね。
経年の影響もあるかもしれませんが、今回のグレーの方が明るめです。

そして、成形でも大きな違いがあります。
特に、ブレーキ関係のエアタンクです。
これまでは、上から抜いていたため、空車状態だと格好悪かったのですが、今回から車体下部から抜くようになりました。
なので、空車状態でもディティールアップしましたね。





さて、お待たせしました!!

いよいよテールライトの部分です♪



画像

画像

(綺麗に隠しています)

手下げランプ形のテールライトの後方に光りを導くための導光材を隠すカバーがあり、台枠の上はライトユニットを取り付けるため別パーツ化されています。

それでは分解して見ましょう♪


注意!!
説明書にも「細かな部品があり、紛失破損の恐れがありますので、不用意な分解はしないで下さい。」と記載されています。
もし、部品の紛失破損した場合には、メーカー修理になります。
分解はあくまでも自己責任でお願いします。


画像

画像

画像

(レンズ破損注意!!)

車端の手すりパーツを外すと、台枠の天板パーツが外れる仕組みになっています。
この天板がライトユニット基板を固定しているのですが、ライトユニットは台車の集電バネが押し上げていますので、手すりパーツが外れるとバネの力で飛び上がります。
その際に、レンズの先端が折れる恐れがありますので注意が必要ですね。

ですので、この車両を手に持つ際には手すりを持つことは厳禁です!!


それでは、テールライトを点灯させてみましょう。


画像

画像

(バッチリ光ります)

綺麗に光ります。
ただ、よく見ると……


画像

(光が漏れます)

パーツの隙間から光が漏れます。
とりあえず、コンテナを積載して隠れるか見てみましょう。


画像

(多少は…)

多少は隠れましたが、まだ漏れますね。
そこで、根本的な改良をしてみましょう。


画像

画像

(遮光してみた)

導光材をシルバーで遮光してみました。
なお、導光材の反射部分(45度に面取りしている部分)にシルバーを塗ると、導光材が機能しなくなる(光らなくなる)ので注意が必要です。


画像

(多少改善?)

左が加工前で、右が加工後です。
多少光が漏れにくくなりましたか?
ただ、ライトそのものの輝度も低下していますので、テールライトの光漏れ改善を狙うのか、そのままテーライトそのものの輝きを楽しむのかは、まだ検討の余地ありですね。


ただ、それ以上に問題なのは片台車集電ということです!!


これまで製品化されてきたコキフ50000形やコキフ10000形と同様に、ライト基板側の台車でのみ集電しています。
従って、レールや車輪の汚れやポイント通過などによってライトがちらつきます。

これは仕方の無いことで、更に両台車集電にすると、とんでもないコストアップにつながります。
その辺は、ある程度の妥協が必要で、それ以前にユーザーの定期的で適切なメンテナンスが求められるということです!!


どこかのメーカーのように……


ライト基板設置のためにコンテナが固定されていて取り外しできない状況から見ればすごい進化なんですから……♪






ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2016年 3月 その1)
3月に入りました。 冬のピークは過ぎて、なんとなく春らしく感じるようになってきましたね。 (日中の日差しも暖かくなってきましたし…) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/03/01 18:57
北へ向かうならこちら!(tomix コキ50000グレー台車・コンテナなし・テールライト付入線)
当工場では、基本的に旅客車両を中心に運用を広げていますが、貨車についても増備を行っています。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/11/20 18:11
ブログで振り返る今年の一年 (2016年総括・ブログ篇)
2016年もあと1週間を切ってしまいました。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も現在、日報の報告ですら遅延している状態です。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/25 17:04
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・車両動向篇)
当工場では毎年、この1年掲載した記事から1年を振り返っています。 先日は当工場の日報のアクセス数で今年を振り返っています。 (先日の2016年総括・ブログ篇はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/28 02:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • “車掌室”がなくても灯します(tomix コキ106 グレー・コンテナなし・テールライト付 入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる