T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく、近鉄の代表車両がっ! (tomix 近鉄 30000系 ビスタEX 入線)

<<   作成日時 : 2016/09/24 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

鉄道会社の多くが、会社をPRするために“看板列車”を持っています。


大手私鉄の多くは、有料特急車両ですけど、やはりイメージに強く残るのは「展望車」と「ダブルデッカー」車でしょうか?


展望車と言えば、やはり名鉄パノラマカーでしょう。
小田急ロマンスカーも展望車で、最近はこちらの方が有名ですが、展望車の運用を最初にはじめたのは名鉄ですからね。


もう一方のダブルデッカー車というと、やはり近畿日本鉄道(近鉄)の“ビスタカー”でしょう。

現在運用に入っている近鉄30000系は、ビスタカーの三代目にあたります。
当工場では、近畿地方最大の私鉄として近鉄の車両の増備を行っていますが、これまでビスタカーの入線は行っていませんでした。

2014年には、50000系“しまかぜ”まで入線しているのに……
(近鉄50000系しまかぜ入線報告記事はこちら)

実は近鉄30000系ビスタカーは、以前からtomixで製品化されていました。
しかし、あとで書きますが実車が「ビスタEX」に更新されたため、更新後の「ビスタEX」の製品化まで当工場も入線を待っていたのです。




そして、ようやく………




画像


tomix
92598 近畿日本鉄道 30000系 ビスタEXセット




■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




近鉄30000系ビスタEXです。
上でも書いているとおり、10100系新ビスタカーの後継として、1978年から運用を開始した車両です。
“ビスタカー”という名前を冠するとおり、中間車2輌がダブルデッカー車となっています。

そして、1996年から更新工事を受け、「ビスタEX」と名称が変更になります。
今回、当工場では更新後の“ビスタEX”を入線させています。


しかも………


画像

(夢の8輌編成も!)

今回、2編成の入線となっています。
実は、更新前は2編成を連結した8輌編成は、運用の制約上不可能でした。

しかし、更新工事によって制約が緩和されたため、2編成連結の8輌編成も可能になりました。

実は、実際に近鉄を利用していて、何度かビスタEX2編成連結の8輌編成に遭遇しており、それを模型でも再現したくなり2編成の入線になっています。



それでは、車両の内容を見ていきましょう。


■パッケージ

限定品でもHGでもありませんので、通常のブックケースです。



■付属品

ユーザー取り付けパーツがあります。


画像

(15編成選べますが…)

車番インレタです。
30201F〜30215Fまで選択できますが、屋根のランボードの関係で実際に選択できるのは、30205F以降になると思います。


画像

(もう少しあってもいいなぁ…)

正面の行き先表示です。
ガラスパーツで交換できます。

ちなみに、車両には「大阪難波」が装着されており、付属パーツへの交換か可能です。
個人的には、「大阪上本町」や阪神直通乗り入れ前の「近鉄難波」とかあってもいいですね。



■車両

●モ30200形
画像


大阪難波方の制御電動車です。
中間車のダブルデッカ車は付随車ですので、1M方式になっています。


画像

(洗練された形状です)

基本は貫通方式の12200系がベースになっていますが、デザインが洗練されています。
更新時に白のラインと正面に”VISTA EX”のエンブレムが追加されました。

模型の方は正面の白がちょっと薄い気がするのと、正面と側面の帯がわずかにずれているのが気になりますが、
さほど気になるような状況にはなっていません。

正面のカプラーはボディマウントTNカプラーで、他形式もしくはビスタEX同士の連結を意識しているものと思います。

ちなみに、乗務員扉と客用扉の間にスペースがありますが、車販準備スペースです。


画像

(抵抗器が並びます)

抵抗制御ですので、もちろん抵抗器が並びます。


画像

(スッキリしています)

分散クーラーは連続キセでつながって見えますので、スッキリとした印象を持ちます。


画像

(撤去されました)

登場当時は、車両に2基のパンタグラフが搭載されていました。
先頭車同士、母線接続できればお互いのパンタグラフから集電できるため、1輌1基の搭載で対応できるのですが、当時の近鉄のき電線の制約で間に2輌挟んで母線接続が出来なかったため、このように先頭車に2基搭載することになりました。
このことが、運用に制限を持たせることになります。

両先頭車が、2基パンタグラフを搭載しているため、12200系などの先頭車に2基パンタグラフを搭載している車両と連結する際には、パンタグラフ搭載車同士で連結しないよう配慮されました。
従って、登場時は30000系同士の連結は不可能でした。

しかし、更新工事後は制約が緩和され、母線接続が出来るようになり、パンタグラフは半減することが出来ました。

その結果、運用上の制約は大幅に緩和され、30000系同士の連結も可能になりました。


そして、その撤去されたパンタグラフあとの先には無線アンテナがあります。
取り扱いに注意しましょう。


画像

(せっかくだから)

屋根中央部には、ヒューズボックスが並んでいます。
出来れば、別パーツ化して欲しかったですね。


画像

(いろいろ工夫されています)

ダブルデッカー車側に、パンタグラフがあります。
そして、更新後には連結側にカバーが追加されました。


画像

(デザインかそれとも…)

カバーが付いたことで、編成に一体感が増したようにも感じます。
もしかしたら、トンネルでの風圧を考慮したのかもしれませんが、よく分かりません。
また、車両側面のラインはVの地に曲がっており、”VISTA”の”V”をイメージさせています。
本来、この箇所には「志摩スペイン村」のキャラクターがいるのですが、模型では大人の事情(許諾)で印刷されていません。


●サ30100形 (動力車)
画像


さて、“ビスタカー”と言えばこのダブルデッカー車です。
付随車となっており、床下のルーバー類は空調のためのものです。

登場当初は、2階席の窓が席毎で小型の窓が並んでいたのですが、更新の際に大改造を受けて現在の姿になっています。


画像

(1階席が見えない?)

中央に客用扉を配して、左右に乗客を導く方式を採用しています。
そして、扉の左上には”VISTA CAR”のエンブレムがあります。

そしてふと1階席を見ると室内が見えません。


画像

(動力車なら仕方ない)

動力車ですので、ちょうどこの位置にモーターとシャフトがあります。
そのため、窓を黒塗りにして見えないようにしています。
なので、室内灯を仕込んでも、1階席には明かりがともりません(^^ゞ


画像

(普通の貫通路です)

先頭車との貫通路は普通ですね。

ちなみに、当工場では珍しく車両間カプラーをボディマウントTNカプラーに交換しました。
通常では、コストの兼ね合いからSカプラー対応のカプラーに交換するだけなのですが、Sカプラー対応では車両間距離が狭くなりすぎて、曲線通過が困難なためです。


●サ30150形
画像


こちらもダブルデッカー車で、模型実車とも動力は付いていません。


画像

(1階が見える)

動力ユニットがありませんので、こちらは1階席が見えます。


画像

画像

(割り切っています)

ちゃんと、1階席の再現もされていますが、通常なら2階席の室内灯を導くスペースがあるのですが、この車両には見当たりません。
おそらく、動力車と足並みを揃えた結果でしょう。


画像

(ちょっと高めです)

ダブルデッカー車同士の連結面は、貫通扉の位置がほかの車両よりも高めです。
(当たり前ですね。)


●モ30250形
画像


賢島方の制御電動車で、モ30200形と基本的には同じですが、車販準備スペースが無い代わりに客用扉が2箇所になっています。


画像

(短くなりました)

どちらもパンタグラフが2基搭載されて登場したのですが、更新後に母線接続されて1基に減少してます。

その際に、ランボードがヒューズボックスの場所まで撤去されました。
この撤去は、30205F以降で行われていますので、付属品のところで書いていますが、車番の貼り付けに注意ですね。

そして、よく見るとただ方転しているだけではありません。
配線はどちらも奥側になっています。

もちろん床下も……


画像

(同じ向きを向いています)

編成で同じ向きになっています。



以上が今回入線した近鉄30000系ビスタEXです!!



画像

(ようやく揃った?)

当工場の近鉄特急集団です。
ほかに、GMのエコノミーキットから製造した12400系サニーカーが在籍しています。

ようやく、近鉄の代表車両である“ビスタカー”が入線しました。
これで、ようやく主役が揃ったように見えるのですが……
21000系“アーバンライナー”がいない?
アーバンライナーplusが製品化されてくれるといいのですが……


そして、当工場の30000形入線の最大の目的は……


画像

画像

画像

(これがやりたかった!!)

他形式との併結です。
やはり、近鉄特急と言えば他形式との併結でしょう。

アーバンライナー以降、固定形式の運用も増えてきていますが、通常の特急列車では現在でもなお、他形式との併結が見られます。
22000系ACEや22600系Aceも併結を考慮していますので、今後も見られるでしょう。



ただ、困ったこともあります。



実は、2016年から塗装変更が進んでいます!!

既に、この30000系でも塗装変更車が現れています。
今後、当工場でも対応が迫られそうです。
(だからtomixもこの時期に製品化したのでしょうけどね)







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2016年 10月 その1)
10月に入りました。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/10/01 17:31
ブログで振り返る今年の一年 (2016年総括・ブログ篇)
2016年もあと1週間を切ってしまいました。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も現在、日報の報告ですら遅延している状態です。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/25 17:03
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・車両動向篇)
当工場では毎年、この1年掲載した記事から1年を振り返っています。 先日は当工場の日報のアクセス数で今年を振り返っています。 (先日の2016年総括・ブログ篇はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/28 02:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サニーカーとアーバンライナーもお願い申し上げます
林家こん平糖
2017/04/03 17:13
to 林家こん平糖さん
コメントありがとうございます。

同様のコメントをほかの日報にもされているようですが、アーバンライナーについてはnextが当工場に入線しています。
入線報告記事については、サイト内検索をご利用して頂くようお願いします。
知佳@工場長
2017/04/03 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • ようやく、近鉄の代表車両がっ! (tomix 近鉄 30000系 ビスタEX 入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる