T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 分割民営化直後、実は短命でした (tomix キハ58系 砂丘・国鉄色 入線)

<<   作成日時 : 2016/10/10 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

当工場では、山陰方面の車両増備をtomixのキハ47形発売を機に開始しています。
そして並行して、陰陽連絡線の運用拡大も行っています。

岡山から鳥取方面へは、先にキハ187形、キハ40系列の増備を行っていますが、今回分割民営化直後の車両を入線させることにしました。



画像


tomix
98218 JRキハ58系急行ディーゼルカー(砂丘・国鉄色)セット



■購入店情報
今回の製品はこちらのお店で購入しました♪

(モデル トラン・ブルー)




国鉄色の急行「砂丘」セットです。
急行「砂丘」は、岡山〜鳥取を結ぶ準急列車として誕生し、のちに急行列車に格上げとなります。
国鉄末期の急行列車の削減の中でも、比較的需要の高い列車だったためそのまま残り、分割民営化後も最大で5往復運転されていました。
今回入線したセットは、分割民営化後のグリーン車が半室化された頃がベースになっています。

それでは、中身を見ていきましょう。


■パッケージ
画像

画像

(砂丘とくれば…)

HG仕様ですので、車両のイラスト付きになっています。
もちろん、急行「砂丘」ですので鳥取砂丘とラクダのイメージがされています。


■付属品
多くの付属品があります。
JR防護無線アンテナや排障器などがありますが、これまでのセットと同じですので省略し、このセットだけのものをピックアップしました。


画像

(お好みで…)

ヘッドマークが付属しています。
3種類ありますので、お好みで取り付けてみましょう。


画像

(更新前です)

車番インレタです。
当然ながら、リニューアル前の車番です。
JRマークは車体に印刷済みですので、インレタには含まれていません。


■車両
●キハ58形400番代 (動力車)
画像


2エンジンのキハ58形です。
JRマークが印刷されている以外は、通常の車両と変わりがありません。


●キロハ28形100番代
画像


おそらく、この車両がなければこのセットは購入しなかったでしょう。
分割民営化後、急行「砂丘」の短編成化をすることになり、需要の関係からグリーン車の半室を普通車に改造した形式です。
4輌が改造されました。
最終製造グループから改造のため、雨樋が下がっているのが特徴です。


画像

(半室化の証)

車両中央部の窓の一部が小さくなっています。
車内に仕切り壁を作ったため、このように一部の窓を小さくしています。
(似た改造は、クロハ481形にもありますね。)


画像

(くっきり分かれます)

普通車化した室内は、もちろんボックスシートになります。
その後のリニューアルで、普通車もグリーン車と同じ回転リクライニングシートになるのですが……


●キハ65形
画像


450psのDML30HSを搭載する車両で、勾配のある路線を走るために連結されていました。


画像

(どうせやるなら…)

乗務員扉後方の客用扉の窓ガラスのうち、片側が塗られています。
これは、タブレット交換の際のガラス破損防止のためです。

津山線や因美線は、分割民営化後もタブレット交換が行われていました。
そのため、タブレット交換の際にタブレットが当たってガラスが割れないように保護をしていました。

個人的には、窓ガラスまで気を遣ってくれるなら、タブレットキャッチャーも再現してくれたらと思いますけどね。
(しっかりと撤去後の姿になっていますね)


●キハ58形400番代
画像


最初に紹介した、キハ58形と同じです。
ですが、1箇所だけ異なります。


画像

(後期形です)

トイレ窓が小さくなっています。
後期の車両では、このようにトイレ窓が小さくなっています。
単品では販売していないのですが、セットには時々入っていますね。



以上が今回入線したキハ58系(砂丘・国鉄色)セットです!!



画像

(混結させてもいいかな?)

当工場には、友人の要請で車体を交換したキハ58形がいます。
その中に、リニューアル後のキハ58形7200番代がいました。
1輌だけの在籍でしたので活用場所がありませんでしたが、今回の入線で混ぜてみてもいいかもしれません。


画像

(その後“遜色”へ…)

急行「砂丘」は、最初の書いたとおり、分割民営化後も需要があったことから、1日5往復と運転本数も多い稀少な昼行急行でした。
1991年には、このキハ58系列の延命も兼ねてリニューアル工事を実施。
普通車を廃車した0系のシートに交換。
車体の塗装も変更されます。

しかし、1994年に智頭急行が開業。
関西方面から鳥取へ向かう利用者が、特急「スーパーはくと」に流れていきます。
そして、岡山から鳥取方面へも、距離上は遠くなり、上郡で方向転換する必要があるものの、高速運転できる智頭急行を経由した方が時間短縮できることから、1997年に岡山から智頭急行線経由で鳥取に向かう特急「いなば」が新設されます。
もちろん、特急「いなば」が新設されると、鈍足の急行「砂丘」の需要はなくなります。

そのため、1997年の特急「いなば」新設と同時に、急行「砂丘」は廃止されます。
一応、廃止後の対応としてSA6D125Hエンジンに換装したキハ47形を使って、快速「ことぶき」を岡山〜津山に新設したのですが、地元沿線自治体から急行「砂丘」の廃止に強い反発が起こります。
そこで、特急「いなば」と重複する智頭〜鳥取を廃止、更に運転本数も1日1往復の大幅減便した上で、急行「砂丘」を急行「つやま」として存続させることになります。

しかし、その後も利用者は減少。
津山〜智頭も廃止になり、岡山〜津山に運転区間も短縮されます。
そして、2003年に車両の老朽化を理由に、キハ48形に使用車両が変更になります。
(車両の点検の関係で、キハ47形が充てられることもあります。)

まぁ、当たり前ですけど、利用者からは不満が続出します。
これまで、0系の廃車発生品とはいえ、回転リクライニングシートだった車両が、普通列車と同じボックスシートになりました。
さらに、近郊形式ですのでロングシートがあります。

それで、快速「ことぶき」と停車駅が一駅違うだけで、所要時間も同じです。
違いは急行料金を取るか取らないかの違いだけです。

結局、2009年に急行「つやま」は廃止になります。

最終的には、ちょっと残念な去り方をしてしまった急行「砂丘」ですが、分割民営化直後の姿を当工場でも再現させていきたいと思います。







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規購入計画〜♪ (2016年 10月 その2)
10月1日の“購入計画”に引き続き、“T.O.重工の鉄道模型作成日誌”をご覧の皆様にお知らせです。 ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/10/15 17:07
ブログで振り返る今年の一年 (2016年総括・ブログ篇)
2016年もあと1週間を切ってしまいました。 毎年いろいろありますけど、あっという間に過ぎていく感じがします。 (今年は仕事も忙しく、当工場も現在、日報の報告ですら遅延している状態です。) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/25 17:03
ブログで振り返る今年の一年 (2015年総括・車両動向篇)
当工場では毎年、この1年掲載した記事から1年を振り返っています。 先日は当工場の日報のアクセス数で今年を振り返っています。 (先日の2016年総括・ブログ篇はこちら) ...続きを見る
T.O. 重工の鉄道模型作製日誌
2016/12/28 02:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログパーツ♪


ジオターゲティング

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 分割民営化直後、実は短命でした (tomix キハ58系 砂丘・国鉄色 入線) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる