T.O. 重工の鉄道模型作製日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年初の運転会♪ (MODEL Train Bleuでの運転会 201801)

<<   作成日時 : 2018/01/08 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

工場長の私は、中学・高校時代の友人たちと、定期的に鉄道模型を持ち寄り、運転会を開催しています。


しかし、ここ数年はお互いのスケジュールが合わず、なかなか運転会を催すことが出来ませんでした。
結局、昨年2017年は2度しか開催できませんでした。
(前回2017年10月の運転会実施報告記事はこちら)


今年2018年も、なかなかスケジュール調整が難しと思われるのですが、何とか年明け早々に実施することが出来ました♪
実は、私も1月は新年早々はスケジュール調整が難しいのですが、今回は運良く実施できました。
(消防団の出初め式ですとか、地元の“あわんとり(地域によっては“とんど焼き”とも)”で警備などもあるのです。)



画像

(今回もこちらで)


運転会の会場は、東京都荒川区にある鉄道模型の専門店「MODEL Train Bleu」です♪



(モデル トラン・ブルー)


今回は、実施が日曜日になったこともあり、18時閉店までの6時間貸し切りで実施しました。
日曜日のお店の営業時間が18時までですので、貸し切りは最大で6時間なのですが、昨年末から日曜日限定で“お得”な貸し切りプランが出来ています。
(詳しくは、トラン・ブルーさんのHPを見てください。)


今回も、「高架線」と「ローカル線」の2線を使って運転を楽しみました。


画像

(昔は多く走っていました)

今回、時期が時期ですので、昔多く運転されていた“シュプール号”関係の運用を試してみました。
と言うのも、当工場では今後14系客車「ムーンライト九州」が入線予定ですが、北陸方面の「シュプール号」としての運用も考えており、その先行運用を行った訳です。

現時点で当工場が在籍する車両で、“シュプール号”が運用できるのは、以下の形式になります。

・183系0番台
・381系
・383系
・583系
・681系
・24系客車「トワイライトエクスプレス」

「トワイライトエクスプレス」も、過去に「シュプールトワイライト信州」として、黒姫などに乗り入れていたようです。
今回は、「スーパー雷鳥信越サンダーバード」の行き先表示が入っている681系を用いて、特急「シュプールサンダーバード」としてみました。
特急「シュプールサンダーバード」は、定期の特急「サンダーバード」の付属編成を、直江津に臨時で延長運転することで、妙高高原などのスキー場への利便性を高めた列車です。

今回上りの設定で、直江津から大阪へ向かう設定にしました。
本来であれば、681系の付属編成で単独運用からスタートできればいいのですが、あいにくKATOの681系では付属編成が動力化できないため、今回は付属編成は683系で行っています。


画像

(このあと酷いことに)

富山で基本編成と連結し、定期の特急「サンダーバード」の運用に入ります。
ところが、模型ではトラブルが頻発!

681系と683系の動力協調がうまくいきません!
683系の動力は、トラクションゴム無しなのですが、あまりにも特性が異なるため、ポイントで脱線!
まぁ、683系の付属編成は当工場で2編成あり、もう1編成はトレーラーなので交換したのですが、再び脱線!
どうやら、ボディマウントカプラーに問題があったようで、車両を入れ換えることで対応しました。

そんなトラブルに見舞われながら、4時間ほどで大阪に到着しました。
しかし、北陸方面は駅数も多いことから、時間が掛かりますね。
前回の運転会でも、新潟出発の急行「きたぐに」が、4時間で大阪に到着できず京都打ち切りでしたので、今後運用を考える必要があります。
(大糸線乗り入れの「シュプール」はどうしよう?)


画像

(こちらは短距離で)

昨年入線の183系0番台で、房総特急「わかしお」を行いました。
今回は6時間貸し切りでしたので、1運用だけにはならずに済みました。
東京から安房鴨川に向かうのですが、途中勝浦からは普通列車で運転。
のんびり出来ました。
高架線を使用していますので、さながら京葉線を走っている雰囲気ですね。


その運用と並行して、ローカル線では……


画像

画像

画像

(ローカルな雰囲気満載!)

昨年、当工場で製造した豊岡のキハ47形や、過去に製造したキハ33形などでローカルな雰囲気を楽しみました。
ローカル線はホームも短いのですが、2〜3輌編成の車両がのんびり走れるので、当工場で製造した車両を走らせるのにはもってこいです。



今回は初めて、6時間の長時間運用を楽しみました。
ただ、当工場の入線両数から考えると、1回の運転会で2〜3運用では、運転実績の増加数よりも車両入線造増加数が上回ってしまいます(^^ゞ

ある程度、限られた時間の中で、運用数を考える必要があるかもしれません。

ただ、運用数が増えれば、運搬する車両数も増えます。
整備が必要な車両も増えます。
限られた時間の中で、バランスを見ながら考えなければいけないようですね……







ご協力をお願いします♪
当工場ではブログランキングに参加しています。
もし、この記事が気に入りましたら下のボタンを1クリックして頂ければと思います。

 ○にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 ○Blog Rnking @With
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログランキング(ぜひっ!)

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
人気ブログランキングへ

おきてがみ

おきてがみ

リンク(個人鉄道模型関係)

リンク(個人その他)

  • 今年初の運転会♪ (MODEL Train Bleuでの運転会 201801) T.O. 重工の鉄道模型作製日誌/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる