ついでに飯田線も…(^^ゞ (GM 119系5100番台)

今当工場では105系を作製していますが、もともと飯田線の119系も欲しかったわけで種車購入に並行して購入しちゃいました~♪
(105系の種車購入記事はこちら)

画像

(GM 4007-2 JR119系5100番台 JR東海色 動力付単品)

GMの119系5100番台です♪
今回は予算の都合から5100番台を1輌だけ導入しました。

119系は飯田線の旧型国電を代替する目的で1982~83年にかけて製造された車輛です。
基本的な性能は同時期に製造された105系と同じですが、急勾配で長距離路線の飯田線に合わせて、抑速ブレーキ装備・セミクロスシート・トイレ装備になっています。
基本的にはMc+T'cの2両編成ですが、一部のクモハ119は両運転台化改造を受けています。
(今回導入した車輛はこの両運転台車です。)
運用は現在は飯田線だけですが、以前は「するがシャトル」として冷房改造を受けて東海道線でも活躍していた時代があります。
現在は全ての車輛が冷房改造を受けていますが、JR化後に冷房改造を受けた車輛はC-AU711を搭載して元の車番にプラス5000と改番されています。


画像

(購入状態のクモハ119-5100)

さて、購入した車輛を見ていきましょう~♪
一体成形の塗装済み車体で、足回りはtomixのOEMが使われています。
先頭はTNカプラーが片方装備で、もう一方はアーノルドが標準になっています。
(TNカプラーが付属していて、ユーザーでTNカプラーに変更することが出来ます)
前尾灯も片側のみの装備です。

屋根上機器はクーラー(C-AU711)とパンタグラフ(PS16)が取り付け済みで、ベンチレーター・無線アンテナ・信号炎管・避雷器・ヒューズボックス・ジャンパー栓がユーザー取り付けとなっています。

画像

(ユーザー取り付けパーツ)

じゃ、パーツを取り付けていきましょう~
ベンチレーター・ヒューズボックス・避雷器・ジャンパー栓は付属のパーツを使い、無線アンテナ・信号炎管はKATOのパーツを使いました。

付属のパーツは一度塗装してから使います。
ベンチレーター = GM №14 灰色9号
ヒューズボックス・避雷器 = GM №9 ねずみ色1号
ジャンパー栓 = GM №21 小田急アイボリー


画像

(パーツを取り付けたクモハ119-5100)

画像

(パンタグラフ周り)
画像

(ベンチレーター・信号炎管周り)

これで飯田線の運用が出来るようになったわけですけど、単行のM編成1両だけではせいぜい豊橋~豊川の運用くらいしかできません。
当面は1両だけですけど、今後追加導入する必要がありそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月02日 19:20
1両でも実際の運用が再現できる・・・というのも模型の魅力の一つですね。大抵は数両連結したものであり、管轄が大変かのようにも思えますが単行ならばある程度容易になるでしょうし。
私がこちらへ書くコメントは毎回幼稚で申し訳ないのですが、お許しいたたければ幸いです。
2007年09月02日 23:48
to オーミヤさん
逆に言えば、実際の路線で単行運用していますので模型で再現できるのですけどね。
地方ローカル線は例え電化路線であっても単行運転はあり得る状態ですね。
今回の飯田線の119系を始め、中央線の123系、小浜・北陸本線・加古川線の125系、宇部・小野田線の123系、JR四国の7000系など……
模型では手軽に楽しめるのはいいですけど、現実の厳しさも同時に感じますね~

こちらこそ、いつもコメントをしていただきありがとうございます。
こちらとしても勉強になりますので、いろいろこれからもコメントしていただければと思います。

この記事へのトラックバック